Meltな気分で

政治ネタ中心のブログです。草の根保守を支援しています。

国会前デモ参加者はたった4千人~左翼はノイジーマイノリティだと証明

スポンサーリンク

f:id:kogito1:20180415001746j:plain

 

4月14日に行われた左翼の国会前デモですが、事前に朝日、毎日、東京の3紙に大々的な広告を打って、ツイッターでも必死で呼びかけをして、結果集まった人数はたったの4千人でした(警察筋の発表)

主催者発表は3万ですが、これで神宮球場満員になるわけありません。お笑いです。

 

彼らがいかにノイジーマイノリティかが分かりますね。

画像でも、スカスカなのが分かります。

全学連や組合の旗なんかも見えます。共産党の動員力ってこんな程度に落ちたの?って感じです。「安倍ヤメロ」の横断幕も使いまわしのやつだし。

これ、しょぼすぎて、むしろ逆効果ですね。

ちなみに3年前の安保法制の時の国会前デモがこちら。

 

f:id:kogito1:20180415003947j:plain

 

これだと実数は3万ぐらいいるでしょうか。

とすれば今回のデモは9割減です。

「倒閣デモ」に誰も関心ありませんし、 この3年間でも、国民のメディアリテラシーは上がってきて、ネットで真実を知る層が確実に増えているのではないかと推測します。

まあ、あれだけしつこく「もりかけ」やれば、新聞テレビしか見ない層もさすがにマスコミ報道の異様さに気づく人が出てくるでしょう。

マスコミの「やりすぎた偏向報道」が逆効果になり、いい加減にしろ、と思い始めた国民が増えてたのです。

今回のデモ参加者の激減は、その証拠でしょう。 

マスコミは現在、

『偏向もみんなでやれば怖くない』

という雰囲気で産経を除くすべての新聞テレビが一斉に倒閣運動をしていますが、これは「報道テロ」「報道クーデター」と言うべきものです。

選挙を否定し、民主主義を破壊する犯罪行為です。それをすべてのオールドメディアがやっている異常事態なのです。

テレビ新聞が犯罪行為に加担しているので、それを追求するマスコミは存在しません。

ネットがなければ「完全犯罪」が成立していたことでしょう。

そう考えると空恐ろしい気がしますが、諸行無常は世の常です。マスコミが情報を独占していた時代は終わったということです。