Meltな気分で

政治ネタ中心のブログです。草の根保守を支援しています。

佐川氏の証人喚問で森友リスク消滅~日経は500円超の爆上げで安倍政権再始動

スポンサーリンク

本日、行われた国会の証人喚問で佐川氏が森友の土地取引に関して総理や大臣からの指示はなかったと明言しました。

 

もうこれで終了じゃないか。

安倍政権の森友リスクは佐川氏の証人喚問でほぼ消えた。

そのことを一番理解しているのは株式市場だろう。

今日の日経平均は、551円超高。

日経平均は大幅続伸、国内外のリスク懸念後退で500円超高

 

f:id:kogito1:20180327162723j:plain

 

日経は前日の米国株反発、米中の貿易摩擦の懸念の後退で、反発して始まったが、取引開始直後はどことなく様子見模様だった。

市場は明らかに佐川氏の証人喚問待ち。

国会で、最初に自民党の丸川議員が、森友の国有地の取引に安倍首相や麻生大臣等、官邸の指示があったかを佐川氏に尋ね、佐川氏がはっきり否定したことが伝わると、その後、株価は右肩上がりになった。

投資家は森友リスクが消え、安倍政権継続が確認されたと織り込んだのだ。

証人喚問は嘘を付けば偽証罪に問われるシビアな場。

そこで佐川氏が官邸の関与を明確に否定したのだから、そう判断したのだろう。

これ以上何がある?

後は改竄をした財務省の責任問題しか残っていない。

 

しかし、よくもまあ、こんな疑惑の欠片もない、無理筋な話を1年以上も引っ張って野党とマスコミは倒閣運動したものだと思う。

この間に損ねた国家の損失はいったいどれだけだと思っているのだろうか?

ふざけるのも大概にしろ、と言いたい。