Meltな気分で

政治ネタ中心のブログです。草の根保守を支援しています。

有本香氏「森友はメディアと野党による冤罪」印象操作による倒閣の1年間

スポンサーリンク

今朝の虎8は、有本香氏。

『強力ありもと』のコーナーでは自民党の萩生田光一議員を迎えて、今メディアと野党が騒いでいる森友文書の話でした。

虎8の健全な視聴者から見たら、去年から分かりきっていた自明の正論なのですが、どういうわけか、この当たり前の正論がいっさいテレビ新聞というオールドメディアでは出てきません。

いったい日本という国はどうしてしまったのでしょう?

日本人は嘘が嫌いで馬鹿正直。何事にも冷静沈着な判断ができる国民性だと私は思っているのですが、メディアの異様な印象操作、真実を捻じ曲げ、政権の倒閣の空気を作り出す、悪意に満ちた報道には吐き気さえ覚えます。

 

f:id:kogito1:20180315164545j:plain

 

そもそも論から「森友問題」を見た時、

そもそも、あの森友の土地、9億円からゴミの撤去費用8億円を引いた価格は不当に安かったのか? 

答えは不当に安くはありません。

なぜなら、あそこには大量のごみが埋まっており、それを奇麗に撤去すれば、それぐらいか、あるいはそれ以上の費用がかかります。

森友の土地は、隣の野田中央公園と豊中市の給食センターと地続きで、野田中央公園は実質2千万円の価値しかありません。給食センターの土地は、ゴミの撤去費用でなんと14億円かかっている。これだとマイナス査定ですね。

つまり、あの森友の土地は二束三文で、不動産価値はゼロということになります。

なんなら、今から森友の土地の整備を国がやって、いくら実際にかかったか、数字を出してみればいい。きっと10億ぐらいかかるでしょう。

この森友問題で無駄に使われた税金と、さらにこの先もあるだろう国会の空転を考えれば、10億なんて安上りです。

しかも、近畿財務局は瑕疵担保の免責を付けて、森友の土地を売りさばきました。

財務省は売り逃げに成功し、むしろ損をしたのは籠池氏の方になります。

となると、そもそも論から、森友問題など存在しません。

森友の土地の査定が不当に安くないなら、政治家の関与や昭恵夫人の関与の問題など、はなから存在しえません。

 

f:id:kogito1:20180315174515j:plain

 

新聞やテレビと言ったオールドメディアの人間は、それなりの大学を出た一応のエリート集団です。

彼らが、こんな単純な事実を理解できないわけありません。

つまりはそんな事、百も承知で印象操作、捏造報道をしているのです。

何のために?

それは安倍晋三を倒したいから。

特に朝日新聞は安倍潰しが社是なのです。

彼らは自分たちの既得権益を守ることしか頭にありません。日本の国益なんかどうでもいいのです。

安倍政権の倒閣は左翼メディアの利益になるのです。

だから平気で「冤罪」を作り出すのです。

彼らは犯罪行為をしています。

今行われている事は、報道テロなのです。

多くの国民がその事実に気づいて欲しいと思います。