Meltな気分で

政治ネタ中心のブログです。草の根保守を支援しています。

朝日の内部告発は真実だった!!3/2「はてな匿名ダイアリー」の内容そのままの展開に!!

スポンサーリンク

今から10日前の3月2日に、はてな匿名ダイアリーに朝日新聞関係者のS氏から、以下のような内部告発があったという話が投稿された。

その時、この投稿の真偽については不明だったが、一応、当ブログでも取り上げた。

朝日の内部告発!?「もうこんな報道したくない」~森友決裁文書報道、衝撃の真実 - Meltな気分で

もう一度、この10日前の匿名ダイアリーに投稿された朝日新聞関係者の告発を載せてみる。

 

■朝日新聞関係者S氏からのメッセージ


S氏は朝日新聞に所属しながらも今の朝日新聞の報道姿勢につくづく嫌気が差していて「もはや安倍政権を倒すためには報道機関としての誇りを捨て、倒閣の為の運動体の様な今の朝日新聞の姿勢には失望している。」と言い連絡をとってきた。 

■以下S氏より

本日朝日新聞朝刊一面で報じられた「財務省が提出した開示決裁文書書き換え問題」

どうやらこれは佐川理財局長(当時)が「森友側と価格交渉していない」と述べた為、価格交渉を想像させる文言を文書から落とし、そのついでに理財局の独断でその中に登場する政治家(平沼赳夫議員、鴻池祥肇議員)の名前を落とし修正したものです。

その際に当時昭恵夫人付きをしていた谷査恵子氏の名前も落とされていたが、既に報道されているように「谷氏より本件について問い合わせがあった」ということ以上の事は記載されておらず、真新しいことも無いのだが、ことさらそこに着目させ大きな影響があったかのような捏造報道をしようとしている。

ともかく「谷査恵子氏の問い合わせが決め手だった」と購読者や国民に思わせることが重要という姿勢です。

かつて黒塗りで森友学園側から提出された学校名(開成小学校)があたかも安倍晋三記念小学校であるという籠池氏の嘘を鵜呑みに報道したチームが「安倍政権=森友学園」を購読者にイメージを印象付ける、その延長線上なんです。

こんな報道はもうしたくないし、絶対に間違っている。

(ここまで) 


もちろん国会に提出されている開示文書が修正されたとしたら言語同断だが、それより問題なのは朝日新聞がまたこの問題を「理財局が谷査恵子氏の圧力によってことが動いた」というストーリー作りをしていくという驚愕の事実だ。

今回の開示決裁文書報道。今後朝日新聞がどの様な報道をするのか、注視していきたい。

引用元:朝日新聞関係者S氏からのメッセージ

 

驚きだ。

今、まさにこの展開になっている。

朝日新聞は、今月頭、この森友文書の書き換え疑惑を報じた時、検察からのリークで、すべてを知っていたことになる。

そして、それをどのように使えば安倍政権に打撃を与えられるか、もっとも効果的なタイミングと方法で出してきたのだ。

 

財務省が森友文書の書き換えをやっていたことは許すことのできない大罪だが、こんなことを背後で安倍政権が指示するわけはない。

また平沼氏や鴻池氏の話も、昭恵夫人の要請で谷査恵子氏が財務省に問い合わせした事実も、すでに既出だ。

その結果、ゼロ回答だったのだ。

 

しかし、朝日新聞は、切り口を変え、この使い古されたネタに再び、強烈な光を当てた。

もちろん朝日の狙いは財務省ではなく安倍政権の倒閣にある。

こんな朝日の横暴は絶対に阻止しなければならない。

そのためには、この「はてな匿名ダイアリー」の朝日新聞関係者の内部告発を多くの人に知ってもらうことだろう。

朝日の思惑通りに進めてはいけない。