Meltな気分で

政治ネタ中心のブログです。草の根保守を支援しています。

朝日の大誤報、捏造が確定か~和田政宗氏「朝日が言うのは全く別文書」

スポンサーリンク

自民党の和田政宗議員がブログで「朝日新聞の言っている改竄前の決裁文書はまったく別の文書だ」という指摘がありました。

 

 朝日新聞が指摘する、国会に提出された「売買契約の決裁文書の調書」と、近畿財務局に保存されている原本が違うという件。

 

まさかとは思いますが、全く別の決裁文書の調書を比較し、文言が変わっていたり削除されたと指摘したということはないでしょうか?

 

朝日が指摘する、

・文言が「要請」から「申し出」に変わっている

・「学園の提案に応じて鑑定評価を行い」「価格提示を行う」という文言が削除されている。

・貸し付けに至る経緯を説明した項目が無くなっている。

ですが、

 

「売買契約の決裁文書」とは全く別の文書である「予定価格の決定の決裁文書」の調書と比較すると、朝日の指摘とほぼ全て合致するのですが。。。

 

※写真の左が「売買契約の決裁文書」、写真の右が「予定価格の決裁文書」。

 

f:id:kogito1:20180308174917j:plain

f:id:kogito1:20180308174935j:plain

 

ソース:朝日新聞さん、まさか文書を取り違えてはないとは思いますが。。。|参議院議員 和田政宗オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

ほぼ、これで決まりですね。

朝日は「予定価格の決定の決裁文書」を、「売買契約の決裁書」だと間違えたのです。

これに関して保守速報で、分かりやすい書き込みがあったので紹介します。

 

631. 名無しさん@ほしゅそく 2018年03月08日 18:11:02 id:Y1MTYwOTY


まさかの斜め上の展開www
捏造だと思ってたらそんな高尚な物ではなく、ただただ朝日がバカヒだっただけど言うwww
 
日本語が理解できるのであれば簡単に理解できる内容なんだが、
理解できない、理解したくない(笑)、連中がいるので丁寧に説明しちゃるwww
 
・財務省は『最初から』別々の用途の決裁文書を別々に作成していた。
・何故似通った別々の決裁文書が存在しているのか?と言えば、決裁文書の用途がそれぞれ違うから
 
 決裁文書の用途
 ・「貸与契約」
 ・「価格決定」
 ・『売買契約』
 
・これら3通りの用途があるので、それぞれ独立した決裁文書を3通り作成しなければならない。
 (恐らく森ゆうこの阿呆が「私の手元だけで原本は3つある!」と発狂してたのはコレw)
 
・【 用途が別々である以上、これらの決裁文書が全くの同一内容であってはならない 】←ここ重要
 
・この3つの決裁文書の内、「貸与契約」と『売買契約』の2つが国会に提出される。
 
・朝日新聞、「価格決定」の決裁文書を何らかの方法で【 確認 】、
 国会提出されている『売買契約』の物と内容が似ているが、所々違う文言の為、「公文書書き換え疑惑」として、
 【 別の決裁文書 】を元に報道
 
・毎日新聞、以前に自らが近畿財務局へ情報開示請求していた、『売買契約』とは【 別の決裁文書 】が、
 朝日の「書き換え疑惑」と合致することを確認。
 
・和田政宗、毎日新聞の報道と合致する、「価格決定」と『売買契約』の決裁文書を
 朝日が勘違いした可能性を指摘。

・パヨク「和田政宗が公文書書き換えを証明した!フレンドリファイアだ!www」←アホw ←イマココ!

 ソース:http://hosyusokuhou.jp/archives/48812347.html

 

私は朝日新聞が間違えたというものではなく、捏造報道したと思っています。

明らかに意図的です。

というのは、先週のスクープでも、その後の後追い報道でも、

「決裁文書の修正の疑いがある

という逃げ道をつくって報道していました。

改竄したとは言っていない。ただ疑いがあると言っただけ、という言い訳を最初から用意していたのです。

だから、分かっていてやった確信犯だと思います。

火のないところに煙を立たせ、野党と他のマスコミを躍らせ、問題を大きくして、どこまで大きくなるか自分は高みの見物をしていたのです。

卑劣なことをするものです。

こんな事、赤旗でさえやりません。

国民の血税が投入されている国会を嘘の報道で空転させた責任をどうとってくれるのでしょうか。

もう廃刊、解体すべきです。

 

エビデンス? ねーよそんなもん

これを文字通りやっている新聞が報道機関を名乗る資格があるわけないじゃないですか。

朝日新聞、ほんとに、今すぐ潰れてください。