Meltな気分で

政治ネタ中心のブログです。草の根保守を支援しています。

安倍首相の台湾お見舞いメッセージに抗議する中国はクズ国家!!

スポンサーリンク

安倍首相は現在、平昌五輪の出席のため訪韓しているが、五輪には個人的に興味がないし日韓首脳会談も関心がない。

何の意味もない会談になるだろう。

安倍首相が訪韓したのはアメリカの要請というよりお願いに近い。トランプ大統領が安倍晋三の指導力を頼ってのことで、安倍さんも断れなかったのだろう。安倍首相はトランプに大きな貸しを作ったというわけだ。

風邪などひかずに無事帰ってきたくれたらそれでいい。

ただひとつ、分かった事は、アメリカが北の核を認め、平和解決するというシナリオは今のところない、ということだ。

その線は薄いというのが判明した。

 

それよりも個人的に気になったのはこちら。

<台湾地震>安倍首相のお見舞いメッセージ、中国批判 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

 安倍首相が「台湾頑張れ」というお見舞いメッセージを送ったが、この際に台湾の蔡英文総統に対して「総統」の肩書を使ったことに対して、中国が猛烈に文句を言っている。

中国は台湾総統について「台湾当局の指導者」と呼び、大統領を意味する総統とは認めていない、というのが理由らしい。

アホか、の一言。

こういう抗議を見ていると、中国の素顔というか品格のなさが露骨に出ていると感じる。

被災した台湾に対するお見舞いの気持ちなどゼロ。

人道や人命に対する畏敬の念がゼロ。

国家の虚栄心だけが命のクズ国家。

しかし、中国というのは、そういう抗議をすれば、自分たちが、被災した台湾のことなんかまったく考えていない、自己チュー国家だと世界から見られるということもわからないのかね。

まあ、世界に伝わればいい。

日本政府は当然、こんな抗議、無視するだろう。

中国がこんなクソのような抗議をすればますます日台の絆が強まるだけなのだ。