Meltな気分で

政治ネタ中心のブログです。地方から草の根保守を支援しています。

SBI北尾氏「コインチェックはカス中のカス」「460億返せるわけない」

スポンサーリンク

ビットコインなどの仮想通貨取引を請け負っているコインチェックで、1月26日に約580億円相当の仮想通貨が盗まれましたが、そのことに関して、SBIホールディングス代表の北尾吉孝社長が30日、運営元コインチェック社を「カス中のカス」と声を荒げて批判しました。

SBI北尾社長コインチェックに激怒「カス中のカス」と猛批判 - 週刊アスキー

30日にSBIの決算説明会があったのですが、その時に北尾氏はかなり激高していたようです。

北尾氏の発言を抜粋します。

 仮想通貨の場合は中央集権じゃないある種の世界通貨だ。世界中どこから悪い輩が乗り込んでくるかわからない。徹底的に安全対策・盗難防止をやらないといけない。

 一番対策をしなければいけないのはウォレットだ。そのためにSBIでは世界中から技術を持っているところを探しまわった。やらなかったらどうなるかというと韓国の仮想通貨取引所YouBitだ。2度目となるハッキング攻撃を受けて総資産の17%相当を失い破産申請した。ICOサーバーに攻撃してきてトークンを取られるケースもあった。世界平均で月100回のサイバー攻撃を受けている。総資金調達総額37億ドルのうち10%に相当する4億ドルがサイバー攻撃で盗まれているというレポートもある。誰が考えてもウォレットが危ない。世界中から悪い輩が攻めてくるだろうということは想定されている。したがって、対応を十二分にやらないとダメということだ。

 まったくやっていなかったのがコインチェックだ。

 580億円相当の不正流出。まあ本当に初歩的な問題だ。コインチェックの問題は、ホットウォレットで、インターネット外部に接続した状態でNEMというものを保持していた。まったくナンセンスだ。インターネットにつなげて保持しているというのは「いつやられてもいいですよどうぞ」ということだ。さらにNEM財団から推奨されているマルチシグ(ニチャー)の締結もしていない。きわめて初歩的な問題をすべてやっていなかった。「四百数十億円返します」って、あの会社が返せると思えない。返せるとしたらあのビジネスがそれだけ儲かっていたということだ。創業して何年になるんだこの会社は。そんなに儲けていたのか。儲けていたなら税金は払っているんだろうな、申告して。あの会社が多額の税金を払っているなんて聞いたこともない。どうやって四百数十億円も出すのか。金融庁は徹底的に審査をしないといけない。

 システムだけじゃなく財務においてもチェックしないといけない。四百数十億円を返せたら税務署も入ってくるだろう、常識的に考えて。いまどき現金でそれだけ払える会社は少ない。よっぽど20〜30年の歴史をふまえて収益を出してきた内部留保が潤沢な会社でなければ。昨日今日できたようなベンチャー企業が出せるとは思えない。もっとも腹立つのはコインチェックがCMに多額のお金を払っている。こういうときもっともお金をかけなければいけないところ(セキュリティー)にお金をかけず、客を集めるだけにお金を使っている。こういう輩はカス中のカスだ。幸いわたしどもはこんな会社に投資していない。いっさいの付き合いはやめると宣言している。

 出典:http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/410/410281/

 

コインチェック側は460億円を返金できると言っていますが、北尾氏は無理だと断言しています。

北尾氏から見ればCCの連中なんか子供にしか見えないでしょう。

現在2/1の夜、ビットコインはついに100万円割れしました。

ここから下落が加速しさらに半額の50万円にまで落ちるという話もあります。

仮想通貨バブルの崩壊を我々は目の当たりにしているかもしれません。