Meltな気分で

政治ネタ中心のブログです。草の根保守を支援しています。

当たり前だけど慰安婦問題に外国はまったく関心がないという事実


 

今日の虎ノ門ニュースは青山繁晴さんだ。

平昌五輪の安倍首相の訪韓に反対していた青山氏が、首相がなぜ、訪韓を決意したのか、その理由を話してくれるはずと思って、週末から心待ちにしていた。

 

首相サイドにもっとも近い場所にいる青山氏と言えども、安倍総理の本心を完全に理解していないようだったけれども、どうやら五輪後に緊迫する北との有事に備えてのことのようだ。

4日前に私は、

安倍首相の訪韓の本当の理由は何だ!?米が五輪後の軍事行動を決めた可能性 - Meltな気分で

みたいなことを書いたが、当たらずとも遠からずだったかもしれない。

北に媚びまくっている文政権に、安倍首相が釘をさすための訪韓。ペンス副大統領とともにそれを念押しするための五輪出席だそうだ。 

これが事実なら、私はやはりアメリカは韓国という国をわかっていないな、と思った。

文政権が安倍首相の忠告を聞くわけがない。確かに安倍首相はG8のなかではリーダー格だ。トランプ大統領も安倍晋三に一目置いている。

しかし、韓国はそういう国際的に一目置かれている安倍首相という存在を完全に無視している。

というか安倍首相がG8のなかで存在感を示し、世界の首脳から高く評価されていることを韓国はまったく知らない。理解できていない。それどころか、いまだに「小中華思想」に囚われていて、中国が父、韓国が兄、日本は弟として日本を見下している。

だから、永遠に日本は韓国から舐められているのだ。

今回、安倍首相は高度な政治決断をしたようだが、安倍首相が訪韓し、文在寅に何を言っても効き目ないだろう。

したがって行くだけ無駄で、やはり安倍首相は行くべきではない。

 

今日の虎ノ門ニュースで、もうひとつ、青山氏に気づかされ、「はっ」としたことがある。

慰安婦問題を一般の外国の人がどう感じているか、という話だ。

外国は日韓の慰安婦問題に関して、「興味がない」

これは考えて見れば当たり前で、アジアの極東の日本と韓国が80年も前のことで揉めている、そんなことに外国が興味あるわけがない。

興味がないから、詳細について知るわけない。

ただ、ニュースで『戦争中に日本が韓国人女性を20万人強制的に慰安婦にした』という誤った概略だけを欧米のインテリ層がかろうじて知っているだけ、というのが実際のところだろう。

一般の欧米人は日韓で慰安婦問題が存在することすら知らない。

つまり、韓国が主張する慰安婦の嘘話は、意識高い系の欧米人に知れ渡り、それはすでに真実だということになっている。

日本の主張を理解している欧米人はゼロだと言うことだ。

それも当然で、青山さんも指摘しているように過去歴代の日本の首相が、慰安婦問題で何度も謝罪していて、一言も反論していないからである。

そもそも女性の性被害の問題はとてもナーバスな話で、証言する女性の話を信じやすいというのもあるし、日本政府も反論しないのに、いまさら「慰安婦の話は全部嘘だ」と言って、どうして信じられようか。

慰安婦問題は、もう絶望的なくらい日本には糺しようがない話になってしまった。

世界的な常識として、韓国の言い分の方が正論となっているのである。

そしてこれを否定すれば「歴史修正主義者」と見做されるのだ。

取り返しがつかない段階に来ているが、やれることはあると思う。

少なくとも、韓国が主張する慰安婦の話は全部嘘だ、ということを国内世論ですべての日本人が共有し、50年先、100年先まで伝えていくことだろうと思う。