Meltな気分で

政治ネタ中心のブログです。地方から草の根保守を支援しています。

沖縄紙「自衛隊が来ると新たな犯罪が予想される」とコラムに書く

スポンサーリンク

f:id:kogito1:20180120082904j:plain

 沖縄県の石垣島(石垣市)を本拠地とする日刊紙「八重山毎日新聞」が12日付の1面コラム「不連続線」で、「石垣も自衛隊が来れば自衛隊にまつわる新たな犯罪や事故が当然予測される」と書いたことを受け、八重山防衛協会、八重山自衛隊家族会、隊友会八重山支部の3団体は19日までに、コラムの記述撤回と謝罪を求める抗議書を、八重山毎日新聞の黒島安隆社長あてに提出した。

 

 コラムでは、政府による陸上自衛隊配備の是非が大きな争点となる3月11日投開票の石垣市長選や、秋に予定される県知事選などに触れて自衛隊をくさし、「今年の選挙は沖縄の基地負担のありようを問う選挙だ」と強調した。

 

 3団体は抗議書で「国家の主権と国民の生命財産を守る任務に就く自衛隊および自衛官の尊厳を著しく毀損するものであり、憲法で保障されている職業選択の自由をないがしろにしている」となどと批判した。

 

 筆者である八重山毎日新聞の上地義男氏は19日付のコラム「不連続線」で「『自衛隊や自衛官の尊厳や名誉を著しく毀損・侵害し、職業選択の自由もないがしろにしている』との意図は全くない。従って記述の撤回や謝罪の意思は全くない」と釈明した。

 

 そのうえで「沖縄では基地あるがゆえに女性暴行殺人などの米軍犯罪や事故が相次いでおり、自衛隊も日本の基地あるところでさまざまな犯罪や事故が起きているのは周知の通りだ」と指摘。「石垣も自衛隊基地ができれば、従来石垣ではなかった自衛隊にまつわる事件事故の可能性は当然予測できるので素朴にそう記述したまでのことだ」と反論した。ただ最後に「自衛官やその家族らの心情に配慮を欠いた面もあるだろうから今後は慎重を期したい」と書き添えた。

 

 八重山防衛協会の三木巌会長は同日、産経新聞の取材に対し「コラムで筆者は自分の推測にすぎないことを一方的に主張している。自衛隊を犯罪集団と決めつけており、許せない」と憤りをあらわにした。

 八重山毎日新聞は、陸自配備計画に反対の論陣を張っている。ホームページによると発行部数は「1万6000部(公称)」。

 ソース:http://www.sankei.com/politics/amp/180119/plt1801190024-a.html

 

常識が通じない沖縄の言論空間とそれに気圧される沖縄社会

 

ちょっと長いけど、産経の記事を全文引用しました。

本土の人間からすると、仮にも新聞と言うメディアが、このような発言をするということが信じられない気がします。

ありえないぐらいひどい暴言です。

八重山毎日新聞の上地義男氏は、紙面で、過去の米軍の事件になぞらえ、

「沖縄では米軍による婦女暴行殺人事件が起きており、自衛隊が来れば、石垣島でも同様の事件が起こる」

と無茶苦茶なことを書いています。

これを一面のコラムという新聞の顔とも言うべき場所に載せています。

自衛隊は婦女暴行殺人事件を起こすことが予想されるから、来るなと言っているのです。

あまりにひどい暴言で、完全な自衛隊ヘイトに当たります。

これは、宮古島の女性市議が以前、

「自衛隊が来たら婦女暴行事件起きる」

と言ったこととまったく同じことを新聞で言っているわけで、自衛隊員とその家族への侮蔑であり、とうてい看過できる話ではありません。

八重山毎日新聞の上地義男氏は

『自衛隊も日本の基地あるところでさまざまな犯罪や事故が起きているのは周知の通りだ』

という屁理屈を言っていますが、警官だって公務員だって会社員だって、僧侶だって犯罪や事故は起こします。ついでに言えば新聞記者もです。

犯罪や事故を起こすから警官はいらない、役所もいらない、企業もいらない、となるのですか?

無茶苦茶な話です。こんなの小学生の屁理屈です。

 

しかし沖縄ではこのような発言をしても問題ないという、風潮があります。

反基地運動なら、警官に暴力を振るっても、少々のことなら見逃されます。沖縄の検察も反基地の違法行為については大甘な処分です。

沖縄では司法や行政が本土と同様に機能していません。法さえも歪められいます。

沖縄のマスメディアが完全に沖縄社会を反基地、反日思想に染め上げ、沖縄社会を自分たちの意のままに支配してきたからです。

 

しかし、今やネット社会です。

このような歪んだ言論を日本国中の人間が、瞬時に知ることができるのです。

米軍に対する憎悪むき出しの記事や自衛隊に対するヘイトが日常の沖縄では麻痺してしまっているこの感覚に、本土の人間が接すると、それがどれだけ異様なことが知れるのです。

これは絶対におかしいと本土の人間は思い始めています。

それがわからず、非常識な発言をしていれば、日本国民から沖縄メディアに対する懐疑の視線が送られることとなるでしょう。

よくSNSで、若者の一部がモラルに反する言動をネット上にアップし、それが瞬時に日本中に知れ渡り、炎上しています。

それと同じことが、沖縄のローカル紙にも言えると思います。