Meltな気分で

政治ネタ中心のブログです。地方から草の根保守を支援しています。

池上彰氏「安倍政権がミサイルを撃たせた」というネットのネタを信じていた!?

スポンサーリンク

12日放送の池上彰氏のテレビ、

『2017年の決定的瞬間を「教えてもらう前と後」』で、なんとネットではほとんどネタとして扱われている、安倍内閣の危機になったら北朝鮮がミサイルを撃つ、の法則を大真面目で解説していたそうだ。

番組では

3月、「長靴業界儲かった」発言をし、批判された務台俊介政務官の時に北朝鮮がミサイル5発発射

4月、山本幸三・地方創生相が、「学芸員はがん」発言、今村復興大臣の「東北でよかった」発言で、北朝鮮がミサイル3発発射

5月、大西英夫氏の「がん患者は働かなくていい」発言で、北朝鮮がミサイル3発発射

これを池上氏は「因果関係があるわけではないと信じたいと発言。

池上氏の言葉を素直にとれば、

信じたいが、実際はあるかもしれないということを匂わせている。

はあ?

ですね。

こんなことおそらく誰も本気で思っていません。パヨクの連中だってネタとして使っているわけで、安倍首相と金正恩がツーカーの仲で、電話で連絡しあっているとか(笑)

まさか・・・ね。

安倍「やれ」

金正恩「はい」

を本気で思っているの?

というか、これフェイク中のフェイクニュースを池上氏が発信したことになる。

「放送遵守求める視聴者の会」の上念司氏は、さっそくBPOに告発するそうだ。

 

 池上氏については、他の左一辺倒のテレビコメンテイターと比べれば、多少はマシな部分もあったのに、何を血迷ったか。