Meltな気分で

政治ネタ中心のブログです。地方から草の根保守を支援しています。

『ドクターX』が終了する理由は?第6シーズンはなしで映画化か

スポンサーリンク

テレビは見ないけど、テレ朝の『ドクターX』とTBSの『陸王』はネットで最新話が配信されているので見ている。

米倉涼子主演の『ドクターX』は次回の最終回をもって完全に終了するようだ。

ドクターX見納め?米倉「終わる寂しさ初めて体感」 - ドラマ : 日刊スポーツ

これは第5シーズンの終わりではなく、このシリーズ自体が終了するという意味。

平均視聴率20%の大ヒットコンテンツだから打ち切りではない。

本当はもっと続けたいはずだ。

しかし終了になると思う。

理由は何だろうと考えて見たけど、当たり前だけど、わからない。米倉涼子さんがどうのこうのは個人的には違うと思う。

 

ひょっとしたらネタ切れなのかもしれない。

wikiで調べてみると、『ドクターX』の脚本家は複数いるが、メインは中園ミホ氏と寺田敏雄氏のようだ。

中園ミホ氏は、来年のNHK大河『西郷どん』が決まっており他のドラマは書けない。寺田氏の方はよくわからないが、かなり売れっ子の作家だ。別の仕事がすでに入っており、『ドクターX』を書く余裕がないのかもしれない。

医療ドラマは入念なリサーチが必要であり、相当しんどいと思う。

現に第2シーズンと第4シーズンは、中園氏と寺田氏が各話を分担しながらやっている。

 

刑事ドラマ以外で、ここまで長くシリーズを重ねたものは、近年あまりない。

米国のドラマのように視聴率が取れる間は10年でも平気で続け、最後はダレて終わるというのも1つの手だし、視聴率が高いまま終わるのも手だ。

『ドクターX』なら単発の特番もやるだろうし、映画化もあると思う。

お金を稼げるコンテンツをこのまま捨てるわけない。

 

【追記12/14】

最終話見ました。

渾身の力作でした。

いち視聴者としては続編が見たいところですが、今日の話は完結していましたね。

映画化があれば見たいと思います。

大門未知子、お疲れ様。