Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

共産党市議が『赤旗』を市職員に勧誘~購読しないと嫌がらせも

スポンサーリンク

共産党の市議が「赤旗」の購入を勧誘しているというニュースがあった。

市職員100人、共産市議勧誘で「赤旗」購読 昇格すると「新聞いかがですか」、断れず…庁舎管理規則に違反疑い 兵庫・加古川(1/3ページ) - 産経WEST

兵庫県の加古川市では、20年以上にもわたり、共産党の市議が「赤旗」を市役所の職員に勧誘していた事実が発覚した。

実際、赤旗を買わされている職員は100人。職員は私費で購入しているそうだ。

強制的に買わされているのは明らかで、手口としてはこうだ。 


 ある幹部職員の男性は 「10年ほど前に係長から副課長に昇格した際、共産市議から『昇格おめでとうございます。新聞いかがですか』と電話がかかってきた。議員と良好な関係を維持したいという思いで断ることができず、購読を続けている」 と明かした。

 

もちろん、共産党市議が、このような勧誘をすることは大問題だ。「赤旗」の売り上げは共産党という政党の政治資金となっている。

つまり、これは共産党への献金と同じことだ。共産党市議は、市の職員に党への献金を強要しているのと変わりない。

しかし、何故、市の職員はその勧誘を断らないのだろう。読みたくもない新聞を買うのか?

上の記事では「議員と良好な関係を維持したい」からと書かれているが、どうやら実情は違うようだ。

今日の「虎ノ門ニュース」で視聴者から、この件について以下のような投稿があった。

f:id:kogito1:20171208174729j:plain

 https://www.youtube.com/watch?v=ImPNwhNKdqg

私は三重県のある市で働いていましたが、三月の末になると共産党の市議が係長になる人のところを回り、昇進おめでとうございます、新聞の購読にご協力ください、と半ば強制的に購読させます。購読しない人には議会で嫌がらせをするので、断れずにいた人を横で見ていて、あんなやり方するんですね、と言うと、あれは断れへんやろ、とのことです。議員という権利を持つ人が、自分より立場の弱い市役所職員から金銭を要求する営業をかけるのは許せません。

 

購読しない人には嫌がらせをする

ここまで来ると、強要罪とか恐喝のレベル。法律に抵触する。こんなことを自民党の政治家がやればマスコミは大騒ぎして大問題になるだろう。

石川県、白山市の市役所でも同様なことがなされているとの投稿もあった。

どうやらほぼ日本全国の市町村で横行しているようだ。しかも20年、30年前から慣例化している。おそらく、共産党本部が、資金調達のために号令をかけているのだろう。

賄賂や不正を行うのは与党で野党はそれを暴く側、というのは誤った刷り込みだ。

共産党をはじめ、野党も汚いことをやっている。表面化しないのは、マスコミが忖度しているだけ。国政レベルも地方政治のレベルでも同じ。

ともかく、この件はやり過ごしてはいけない。