Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

NHKの受信料裁判は「払え」という出鱈目判決~もうテレビは捨てるべき

スポンサーリンク

NHKの受信料を払わない男性に対してNHKが提訴した件で、最高裁の判決が出た。

最高裁の判決は「払え」だ。 


NHKが受信契約の申し込みに応じない男性に対して起こした裁判で、最高裁判所大法廷は、テレビなどを設置した人に受信契約を義務づける放送法の規定は憲法に違反しないという最高裁として初めての判断を示しました。
NHKは、テレビなどの設置者のうち繰り返し受信契約を申し込んでも応じない人たちに対して、申し込みを承諾することや受信料の支払いなどを求める訴えを起こしています。

このうち都内の男性に対する裁判では、設置者に受信契約を義務づける放送法64条の規定が憲法に違反するかどうかや、契約がいつ成立するかなどが争われました。

6日の判決で、最高裁判所大法廷の寺田逸郎裁判長は「受信料の仕組みは憲法の保障する表現の自由のもとで国民の知る権利を充たすために採用された制度で、その目的にかなう合理的なものと解釈され、立法の裁量の範囲内にある」として、放送法の規定は憲法に違反しないという最高裁として初めての判断を示しました。 

NHK受信契約訴訟 契約義務づけ規定は合憲 最高裁大法廷 | NHKニュース

 

日本のNHKという放送局を、国営放送だと思っている人が少なからずいるが、そうではない。

かといって民間放送でもない。

公共放送、というよくわからない立ち位置だ。

国営放送ならすべて税金で運営されるので、受信料を払う必要はない。

だが、NHKは受信料をとる。

だから実質、民放テレビと変わらないが、視聴者はお客様という意識はゼロで、いつも上から目線。傲慢な態度だ。

 

テレビを買うと、NHKは当然のように受信料をBSと合わせて毎月3490円強制的にとる。今のテレビはBSやCSチューナーが付いており、マンションなんかだと意図せずとも衛星放送の電波が入る。NHKBSなんか見たくないと思っても、お金を取られる仕組みだ。

有料チャンネルとしてスクランブルをかければいいだけだが、NHKは絶対にやらない。そんなことをしたら誰もNHKなんか見なくなるだろうから。

受信料の支払を拒否するには、テレビを持たないことしかない。

現に今の大学生はテレビを所有していない人の割合が増えている。

1人暮らしの大学新入生、4分の1が「テレビない」 東京工科大調査 - ITmedia NEWS

これは3年前の調査で、今はもっとテレビ離れは進んでいると思う。

月々3500円の受信料は学生だと大きい。

いや、ネットとスマホがあれば、テレビなんか不要なのだ。無駄金を払いたくないと思うのは当然だろう。

NHKはその対策としてネットで番組を配信する。そしてネット回線があるというだけで、受信料を取る算段だ。

こうなると、ヤクザのシノギと同じ。

「NHKを見ない権利」を奪っている。

これは明らかに憲法違反だ。受信契約を強制しているのだ。とってもいない新聞が毎日配達され、新聞購読料を払えと言っているのと同じ。そして最高裁がそのNHKのやり方にお墨付きを与えてしまった。

しかも、NHKの問題はこれだけに収まらない。

最高裁裁判長の

「受信料の仕組みは憲法の保障する表現の自由のもとで国民の知る権利を充たすために採用された制度で」

という言葉があるが、NHKが国民の知る権利に応えていないのは今年1年の「モリカケ」騒動が象徴しているではないか。

何を寝ぼけたことを言っているのか。

 

NHKの会長、副会長は、総理大臣より高い給料を貰っている。

2013年度NHK役員報酬は会長3092万円に100万円減額、それでも内閣総理大臣の給料より高い - NAVER まとめ

職員の給料も一般的な民間企業の倍だ。

これは朝日新聞も同じだが、高い給料を貰って、国民の知る権利を妨害し、国益を損ねる操作をしているのだから、本当に害悪でしかない。

もうテレビと新聞は捨てようではないか。