Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

白鵬は大鵬にはなれない~モンゴル人力士が相撲文化を理解することの困難さ

スポンサーリンク

自分は大相撲をほとんど見ない。

だから、今回の日馬富士の件と、白鳳の取組後の抗議に関してはニュースで知っている限りだ。

まったくの門外漢の立場から、僭越ながら雑感を言わせてもらう。

 

私は外国人力士を排除しない。

別にモンゴル人力士がいたっていい。

強ければ横綱になるのは構わない。

 

しかし、相撲の本質を理解しないまま、モンゴル人力士が横綱になったことがもたらしたのは相撲の伝統様式が壊されかけているという事態に思える。

 

相撲は単なるスポーツではなく、日本の伝統芸能の側面もある。歌舞伎や能と同じ要素も合わせ持つスポーツだ。

だから、取り組みまで複雑な所作を必要とし、大イチョウの結い、横綱は勝ち方も問われる。すべてにおいて日本精神が宿っているのだ。

 

もちろん、モンゴル力士もそんなことわかっていると思うし、彼らの親方も口が酸っぱくなるぐらいに指導していることだろう。

 

それでも日本生まれではない彼らにとって、大相撲が内包する重層的な日本文化とそれに付随する機微を理解することは根本的に無理なような気がする。

 

白鵬は大鵬にはなれないのだ。

 

白鵬はルールの枠内で相撲を取り、勝っているだけだ。どうして批判されなければならないのだ、と思っているようだ。横綱が、立ち合いで変化をつけたりしたらダメなんてどこにもないと。

 

スポーツはルールを守っている限り問題ない、あとは強い者が勝つだけだ、というのも一方で正論かもしれない。

 

しかしタイムを競う陸上競技と、伝統あるスポーツは同じではない。これは日本に限ったことではない。

 

アンリトンルール、不文律というのがある。

 

ベースボールでは大量得点をしているチームは盗塁をしてはいけない、スリーボールのカウントから強打してはいけない。サッカーだとピッチで倒れた選手がいたら、ボールを出す。バスケだとガベージタイムに勝者がタイムアウトを取ってはいけないとか・・・・たぶん、テニスやラグビーにもあるだろう。

 

これらの不文律に共通するのは、弱い者への配慮である。欧米発祥のスポーツは騎士道精神、日本は武士道精神が根底にある。

 

スポーツは単に技や力の力量の優劣をつけるだけのものではなく、その国の文化を背景にして成り立っている。

 

つまり、それが理解できない者が、王者として君臨していれば、そのスポーツの精神は壊れ、変質してしまう。

 

残念ながら、今の日本の大相撲はそのような状態にあるのではないか。