Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

林文科相の獣医師会から100万円献金不記載はかなり問題ありだが・・・

スポンサーリンク

なかなか興味深いニュースが入ってきた。

林文科相に「政治とカネ」疑惑浮上 獣医師連盟からの100万円献金を不記載、加計問題“癒着隠蔽”か (1/2ページ) - zakzak

 

林芳正文科相が獣医師会から100万円献金を受けていて、それを政治資金報告書に記載していなかったことがわかった。

日付は2013年。

しかも林芳正氏は当時、農水相で、農水省は、獣医師の免許を交付する権限を持っている。

 意図的だとしたら、これはかなり問題。

権限を持っている直轄の大臣が、利害関係のある獣医師会から献金を貰っていて、それを隠蔽していたのなら、収賄罪を疑われても仕方ない。

仮に違法性がなくても、農水大臣なら獣医師会からの献金は断るのが筋。

 

しかし、一方で、これ野党やマスコミはどう対応するのか?

それも見もの。

これが「加計学園からの献金」なら、即、大問題にして、ほら、やっぱり加計と安倍内閣は繋がっている、と猛烈なバッシングをするだろう。

ところが、献金を貰った相手が獣医師会。

これを問題化すれば、当然、玉木、福山、石破たちの話も蒸し返される。

新聞テレビは、獣医師会からの献金に関しては今のところダンマリだ。

一連の加計問題で安倍政権が有利になるような話なのでスルーを決め込んでいる。

野党とマスコミはジレンマに陥ることだろう、

さらに面白いことに、林芳正文科相は、内閣の一員とはいえ、反安倍派。安倍首相の地元ではライバル同士。

なんというか、獣医師会の連中は、石破といい、林といい、見事に安倍首相の政敵に塩を送っているのだ。

 

この問題、安倍政権にダメージを与えるのか、それともアシストするのか、どう転ぶのだろうか。