Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

選挙後の内閣支持率は52%と急上昇、左翼メディアはだんまりで調査さえせず

スポンサーリンク

10・22総選挙後の安倍内閣の支持率はかなり上昇している。

内閣支持52%、不支持40%…読売世論調査 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

読売の調べでは支持52%、不支持40%だ。

日経でも支持率は54%、確か日テレも同様に上がっていた。

(本社世論調査)内閣支持 上昇54% 憲法に自衛隊 賛成44%、反対41% :日本経済新聞

 

ところが、朝日新聞や毎日新聞、東京新聞と言った左翼新聞は内閣支持率の世論調査を選挙後やっていない。

あれだけ、毎週のように世論調査をしていたのに、選挙後の動向についてはいっさい調べる気がない様子だ。

なぜやらないかは自明。

やれば、安倍内閣の支持率が跳ね上がっているのが明らかだからだ。

選挙で自民党が大勝したことを受け、政治に関心のない層が「なんだ、安倍内閣は支持されているのか」と考え、支持に流れる。だから10ポイントは上がる。

それがわかっているから朝日や毎日は世論調査をしない。

ほんと、わかりやすい連中だ。

 

左翼メディアは、自民が大勝した選挙結果を受けても、「内閣不支持率が高いのに自民党が勝ったのは国民が安倍政権を信任したわけではない」

などという戯言をいって、敗北を認めなかったが、今、世論調査をすれば、それさえ嘘だとバレるので、世論調査をやらないのだ。

そして、また「モリカケ」を蒸し返したり、とるに足らないことで政権批判をして、国民が選挙の余韻を忘れた頃を見計らって、世論調査をやるつもりなのだろう。

私は、ここまでして必死になっている左翼メディア連中を本当に哀れに思う。

国政選挙で5連勝、今後4年間は安倍政権は安泰だ。

もう勝負はついたのだ。なのに足掻いている。

「モリカケ」も、やればやるほど、左翼メディアの嘘が露顕し、信頼を失うだけなのだ。安倍総理にしてみれば「もっとやれば」というところだろう。

公示前の党首会見で、メディアとの応対があったが、朝日新聞の坪井ゆづる氏と安倍首相が直接やり合った場面があった。安倍首相が、嘘ばかり吐く坪井ゆづる氏に対して、

「では国民の皆様、ファクトチェックを!!」

と言ったのは痛快だった。

首相みずから「朝日がフェイクニュースを流していますよ」と宣言したのに等しい。

「モリカケ」は左翼メディアがどれだけ偏向報道したところで、やればやるほど安倍首相の潔白が証明されるだけだ。

朝日が社運を賭けて倒閣運動に走ったが、もう勝負がついた。後は社運を賭けた朝日が潰れゆく姿を見るだけだ。