Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

自民は楽勝ムード?それとも苦戦?選挙予測は意外な数字に

スポンサーリンク

個人的には自民の大勝を願っている。

しかし、自民の大幅減の予想が多い。

総選挙、予想~自民大幅減、希望100超え、維新増、公明・共産現状維持、立憲・無所属苦戦(児玉克哉) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

児玉克哉氏の予想では、自民党は223議席で単独過半数を割るとしている。

希望の党は117議席で三桁になり躍進だそうだ。

色々調べてみると、自民大幅減の予測は専門家のなかでは特に奇をねらったものではなく、冷静な見方のようである。

 

この結果に「そんなはずはない」と思うネット民は多いだろう。現にヤフコメなどでも自民楽勝ムードの意見が多い。

 

国会議員の地位にしがみつきたいがために安保法制や憲法改正の意見を180度変え民進党から移った議員を国民は支持しないだろうし、小池百合子の都政の混乱、希望の党の公約のデタラメさ、一連の醜態、ゴタゴタ感に国民も愛想尽かしている。風なんて吹いていない。そう感じるかもしれない。

 

しかし、今回の選挙は、私も自民党は苦戦すると思う。

安倍首相は自公で過半数という低いハードルを設定したが、それはけっして間違っていない。

この選挙は、投票日の22日までの間に北朝鮮からミサイルが飛んでこない限り、自民党は前回の時より、40~50議席減らすだろうと思う。

そう思う理由が3つほどある。

 

1つは前回自民が勝ち過ぎた。その反動。日本人というのはなぜかバランスをとろうとするのだ。

2つ目は、やはり「モリカケ」の影響。国民の7割がまだ疑いを持っている。それが解消されないまま選挙になってしまった。もちろんこれはメディアが真実を伝えなかったためだが、選挙への影響はかなり大きい。そういう意味でメディアの倒閣運動は功を奏している。

3つ目は、小池百合子のメディアジャックによる「単純接触効果」だ。

単純接触効果については 

テレビが小池批判でも単純接触効果で希望の党は躍進する可能性 - Meltな気分で

で書いたが、要するに、いい事だろうが悪いことだろうが、小池百合子はテレビに出っぱなし。常に話題の中心。単純にそれだけで希望に票が入るのだ。

 

小池百合子の「希望の党」が100議席以上を獲得し、野党第一党になることは政界をさらに混乱させる。

希望の党の議員たちは鵺的。

改憲派なのか、リベラルなのかもわからない。自分たちが得になる方に簡単になびくクズ議員の集まり。これが一定の勢力を持つということは最悪である。まだ立憲民主党の方が何倍もマシ。

希望の党が出来たことで、民進党が消え、リベラルが死滅したと喜んでいるのは間違いで、左派が希望の党に包まれる形で、生き残る結果になるようだ。

 

ともあれ、自民党が単独過半数233以上なら安倍政権続く。

絶対、そのラインは超えて欲しい