Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

サンモニでさえも小池叩きに向かった?「反安倍」偏向メディアのジレンマ

スポンサーリンク

 

反安倍で極端な偏向報道をしていた極左番組「サンデーモーニング」だが、小池百合子に対しては、批判に向かっているようだ。

番組を監視しているDAPPI氏のツイッターで確認すると、

 

DAPPI @take_off_dress

竜崎孝「小池百合子は最初に結論を作って着いてくる人だけ着いて来いというスタンス。対話しようとする人は都合が悪いから理屈をつけて排除し着いてくる来る人だけ集めてる」

対話は許さず方向性は全てブラックボックスの中で決定。
小池百合子がやってることは独裁そのもの

 

DAPPI @take_off_dress

太田昌克「2003年に小池百合子は核武装論を掲げてた。原子力と核は表裏なのに脱原発と言うんですか?脱原発と言うなら核燃料サイクルについてどう考えてるのか答えるべき!」

矛盾した主張をする小池百合子は二枚舌もいいところ。
マスコミはここについて追及すべきです

 

DAPPI @take_off_dress

松原耕二「小池百合子がやりたいことがわからない。寛容改革保守を掲げてるが3つとも別々の概念。都議会は小池一強でチェック機能は働いてないし、意思決定は職員からブラックボックスと言われてる。未来を語る言葉に惑わされずに手法や過去の発言をみて判断すべき」

もう小池に騙されてはいけない

 

DAPPI @take_off_dress

安田菜津紀「大きく賛成も反対もしない人々の姿勢が一部の人々の権力を大きくしてしまう。感情に流されずに歴史に学べてるか私たちの視野が求められてる」

民主党政権で国民は懲りてると信じたいです。
パフォーマンスだけで都政を1年も混乱させてる小池には任せられない!

 

DAPPI @take_off_dress

松原耕二「TV覧含めてTVは小池一色で一日やってる。私達TVは劇場に弱いが出来るだけ落ち着いてやるべき!きちんと情報は伝えるべき」

TBSテレビ記者ですら小池一色のTV報道は間違ってると主張。
パフォーマンスしか考えてない小池に振り回されないでほしい

 

自民を過半数割れに持ち込むには小池百合子の「希望の党」の大躍進が必要だ。

「反安倍」を掲げる、左翼マスコミが小池百合子をどう扱うのか注目していたが、さすがに小池百合子アゲとはいけない。

マスコミもかなりジレンマに陥っているようだ。

そして民進党の左派を切り捨てたことで、小池百合子叩きに向かった。

バッシングに舵を切れば、小池百合子は矛盾だらけのことをしているので、小池百合子を叩くことはたやすい。

 

ところで、情弱層の無党派で一番影響を与えるのは平日、昼間のワイドショーだ。そのワイドショーの立ち位置はまだはっきりしていない。来週のワイドショーはしっかりと監視する必要があるだろう。

 

ただし、懸念材料として、仮に昼間のワイドショーが小池叩きに向かったとしても、これだけ電波ジャックしている小池百合子は、視聴者の頭に強烈にインプットされる。それだけで無党派層の票を集めることは充分可能。

 

気になるツイートを見つけた。

JX通信社の米重克洋氏のツイート。

 これが本当なら、7月の都議選のイメージがそのまま国民の意識の中にあるということだ。小池百合子の取り扱いについてテレビや新聞が多少批判に転じても、効果ないかもしれない。

もともと政治に興味がない無党派にとって、一番大事なのは、投票用紙に向かっているときに、何が印象に残っているか、ということなのかもしれない。