Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

リアルに小池劇場が日本を滅ぼす~小池百合子、都政を投げ出し国政へ

スポンサーリンク

「小池劇場が日本を滅ぼす」

 

これはジャーナリスト有本香氏が書いた本。内容は小池都政に関する批判本だが、まさにこの本のタイトル通りになってきた。

 

小池新党の名前は「希望の党」で、その代表に小池百合子が就任する。

まさか、である。顧問で様子見かと思ったら、都知事のまま国政政党の党首になった。

都知事の仕事をまったくしておらず、都政を混乱だけさせておいて、今度は国政進出つまり総理大臣になろうとしている。

ふざけるのもいい加減にして欲しい。

いや、ありえない。

国民を舐めている。

都民はそれ以上に舐められている。

ひょっとしたらマスコミも舐めらているんじゃないか?

マスコミは今度も小池百合子を祭り上げるのだろうか?

しかし、小池新党、希望の党は、マスコミが嫌悪する、タカ派政党。これを躊躇いなく持ち上げるのか?「反安倍」なら構わないと見て、やるかもしれない。小池以上にマスコミも節操がないから。

いや、待てよ。小池新党はタカ派色を出さない可能性もある。政局のためには左右どちらとも手を組むのが小池流だ。

 

正直、開いた口が塞がらない。

政策もない、来る人間は選挙に生き残るためだけによってきた自己保身のクズばかり。そんな政党に「希望」なんか見出す人はいない。

 

都政では、都議会公明は都民ファーストとの連携を解消するとのこと。

都議会公明、都民フとの連携解消検討 :日本経済新聞

これで、都民ファーストは単独では都議会の過半数がなくなる。知事与党は過半数割れが避けられず、都政運営が混乱するのは必至。

都民ファーストの議員はポンコツだらけなので、都政がレイムダック化することは確定的になった。

 

小池百合子は都政を投げ出した。都政をボロボロにして。

国政でも同じことをしようとしている。

日本は今、準有事だ。

こんな時に政策も理念もない、政局だけの政治家は害悪でしかない。

リアルに「小池劇場」が日本を滅ぼしかねない。