Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

トランプ大統領の「北を完全破壊」と拉致言及は安倍外交の成果!!

スポンサーリンク

トランプ大統領が国連で演説をした。

トランプ氏国連演説、米国第一と国連理念を融合 北朝鮮大使は途中退席 (産経新聞)

最大の懸念材料である北への対応に関して、トランプ大統領は「北を完全破壊」という言葉を使って、事実上の宣戦布告をしたと思う。もちろん、これは対話と威嚇、飴と鞭の使い分けの一環には違いないし、アメリカが北の核の容認という真逆の選択肢も残っているが、アメリカが軍事行動しても国際社会は文句言うな、とトランプ大統領が釘をさしたとも言える。

さらにトランプ大統領が、あの場で、日本人拉致、横田めぐみさんのことに触れたことは日本の拉致被害者家族にとって、本当に嬉しいビッグサプライズだったことだろう。これはいままで国際社会の表舞台で話題にさえならなかった日本人拉致問題にとって画期的なことである。

 

 

安倍首相がトランプ大統領に根回しした結果なのは明白。安倍首相の外交は天才的といっていい。国際社会でも存在感を見せつけている。ここまでやれた日本の首相は戦後そうそういないのではないか。

今、日米の間、安倍、トランプの関係は過去のロンヤス、小泉ブッシュ以上。ことにトランプ大統領が安倍首相に対して持っている信頼度は非常に高い。日米が固く結ばれることは日本の国益にとって命綱だ。

安倍政権は内政に関しては、世論やマスコミの顔色を窺い、これでもかというぐらいリベラル政策をとってきた。改憲にしても、妥協しすぎの産物。これで消費増税をしたら、財務省の言いなりになるわけで、個人的には内政に関しては批判を恐れて、弱気すぎだと思っている。

が、外交に関しては伸び伸びと自分の思った通りやっているし、それがすべて成果を出している。安倍首相の外交手腕だけ見ても、これを真似ることのできるリーダーはいない。別にこのことを手土産に解散総選挙にのぞむわけではなかろうが、野党それに自民党内の総理候補も含めて、今の日本に安倍首相以上の人物はいないということを国民は知るべきだろう。