Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

「モーニングショー」で放送事故!!出演者が安倍首相をバカにする陰口がオンエア―

スポンサーリンク

テレビ朝日の「モーニングショー」で前代未聞の失態が放送された。

北朝鮮のミサイル発射を受けて緊急会見をした安倍首相のVTRが流れる中、出演者の玉川徹と吉永みち子が首相を小馬鹿にする陰口を言い、それが本番中に流れた。どうやらスタッフがマイクを切り忘れていたようで、オンエアされているとは知らずに、私達国民が選んだ総理をバカにするこの二人。あまりにもひどい。これはもう番組打ち切り案件の、大問題である。

 

  

 

安倍総理「この道をさらに進めば…」
玉川徹「そっちのほうにいくか」
安倍総理「明るい未来はないと、そのことを北朝鮮に理解させないといけません」
玉川徹「しないんだよ!」
吉永みち子「しないんだよ!」
?「しないことを○○××しりませんよ。そういうことなんですよ」
安倍総理「今回もミサイル発射直後からミサイルの動きを完全に把握をしており、万全な対応をとっておりました」
玉川徹「安倍さんが○○××してくださいよ」
安倍総理「引き続き、強固な日米同盟の下、緊張感を持って」
玉川徹「ふっひっひ」
長嶋一茂「よく笑えますよね」
安倍総理「国民の安全安心の確保に万全を期して参ります」
吉永みち子「ははは(笑)」
玉川徹「うるさいよ~(笑)」

http://netgeek.biz/archives/102939より

 

たとえ安倍首相が嫌いだとしても、北朝鮮のミサイル発射という、戦後最大の国難に対処している日本のリーダーをよく、これだけ下品にバカにできるものだと思う。お前らは何様だと言いたい。安倍首相は国民が選挙によって選んだ、我が国の総理大臣だ。安倍首相をバカにするということは、国民をバカにするのとまったく同じだ。

首相が間違ったことをやったり、国益にそぐわないことをしたら批判すればいい。しかし、この二人のやっていることはそういうまっとうな批判とはまったく違う。安倍首相を茶化しているだけだ。小学生のレベル。本当に信じられない。

「モーニングショー」のプロデューサーはこの件を見過すことは断じて許されない。彼らのやったことはたんなる間違いではなく、意図的な行為だから「謝罪」して済む問題でもない。また二人のコメンテイターを切るだけでも済まされない。番組の打ち切りが妥当だろう。

長島一茂氏の「よく笑えますね」というのが、常識中の常識的な感想だろう。

ほんと、よく笑えたものだ、この危機の最中に。

今の官邸は危機意識がしっかりしており、やるべきことをしっかりとやっている。国民もそう思っているから支持率が上がる。2011年の東日本大震災の時は民主党がそれをできずに国民から見放された。北朝鮮がミサイル打ったから安倍内閣の支持率が回復したのではない。その危機にキチンと対応しているから支持率が上がるのだ。

もう一度言う。

安倍首相を茶化し、バカにすることは、選挙で選んだ国民をバカにするのと同じである。こういう下品な連中をテレビに出すべきではない。