Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

慶應の金子勝氏、「戦争屋アベ」が北朝鮮を煽ったとツイート

スポンサーリンク

今朝、北朝鮮がまた日本上空にミサイルを撃ち込み、Jアラートが鳴った。

現在、アメリカは対話路線、下手すると北の核保有を認める選択もあるし、逆に、いきなりノーモーションで北を空爆する可能性もある。しばらくの間、非常に緊迫した時期が続くことになる。またどちらの場合でも日本にとっては国家的リスクはマックスで、まったく油断ができない。そんなかで、慶應大学教授の金子勝氏がツイッターで以下のような発言をした。

 

 

金子氏は前のミサイル発射の時も似たような発言をしているが、安倍首相を「戦争屋」と呼び、「もりかけ」疑惑隠しに北朝鮮を煽りミサイルを撃たせてようとしているという主張はまったく同意できない。

 

金子氏はマル経(マルクス経済学)の学者で、財政学などが専門とある。

そういえば、2000年前後の頃、日本の長期不況期の時も、金子氏はコメンテイターとしてテレビに出ていて、「後10年で日本経済は破綻する、財政は破滅する」と連呼していたのを覚えている。日本経済総悲観論、絶望論ばかりを述べていた。

金子氏の予言は見事に外れたが、学者としても、彼の発言はあまり信用できないと個人的には思った。

ことに政治的な彼の発言、安倍首相のことを「アベ」と書き、「戦争屋」というレッテルを貼り、言いがかりのような政権批判をしている姿は、学者というより活動家のように見える。

マル経の学者は今、まったく需要がないが、こういう発言をすることで左翼メディアと親和性を持ち、自分の存在価値を示しているのだろうか。