Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

加戸氏「玉木氏はリクルート事件より悪質」100万円の献金は収賄罪だと指摘!!

スポンサーリンク

加戸氏「玉木氏が獣医師会から献金をもらったのはリクルート事件より悪質」 

 


 民主党時代にレベルアップした途端に、民主党獣医師連盟が結成されて、68人も参加して、政治献金が始まった途端にブレーキがかかって、もういまや100万円の献金を貰った人が白紙還元だなんて言ってますけどね、私、不思議に思うのはね、リクルート事件の時に、公明党の池田克也先生という文教族の議員が、リクルート事件で起訴されて、理由はなにかと言ったら、リクルート社に有利なように、就職時期の解禁日を一ヶ月早めると、国会質問したがために、懲役四年の執行猶予付きましたけど有罪になりました。それに比べれば、今回の玉木議員のケースというのは、そちらの方が悪質ではないのかなと極端に言えば思いますけどね

 

スポンサーリンク
 

 

30年前のリクルート事件は、戦後の政治史に残るような贈収賄事件だった。

江副氏が未公開株を政界や官界の要人の多くにばらまき、それが発覚して竹下内閣が倒れた。

多くの政治家が江副氏から未公開株を譲渡されていたが、しかし実際に有罪判決が出たのは自民党の藤波孝生氏と公明党の池田克也氏の2人だけ。

なぜならば、未公開株を譲渡されたとしても、それに対してはっきりとした利益供与をしたといえるのは、かろうじて、この二人だけだったから。

しかも加戸氏の言うように、公明党の池田氏については、「就職時期の解禁日を一ヶ月早めたらどうか」と国会質問しただけだ。

それに比べれば、玉木氏は獣医師会から100万円の献金を貰いながら、「加計学園の獣医学部新設を白紙に戻せ」と主張している。

このことを指して、加戸氏は「玉木氏のケースはリクルート事件より悪質だ」と言っているのだ。

まったくの正論だと思う。

ジャーナリストの須田慎一郎氏も同様のことを言っている。

須田氏は1994年のゼネコン汚職事件であっせん収賄罪で逮捕された中村喜四郎氏を例にとり、玉木氏も同罪だと断言している。

誰もが法の下に平等なら、玉木氏は、過去に逮捕された池田氏や中村氏と同じ罰を受けなくてはいけないだろう。