Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

加戸氏「朝日、NHKが加計潰しをするなら残る全人生をかけて戦う」

スポンサーリンク

加戸氏「NHKは日本偏向協会か。残る人生すべてをかけて戦う」

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 オールドメディアの起こした安倍政権打倒のクーデターとの戦いを表明した加戸氏

 

櫻井よし子氏と加戸前愛媛県知事の対談がブルー氏のツイッターに上がっていたので紹介する。

加戸氏については、私がクドクド説明するまでもなく、動画を見て頂ければいいかと。

元官僚で県知事という人物は大勢いるけれど、たいていの知事はほとんどお飾り同然で事流れ主義だ。加戸氏の地元に対する情熱と行動力、そしてなによりこのような気概をもった人間はそうそういないだろう。

その加戸氏が「もし今治の獣医学部宇新設が潰れるようなことがあったら、自分は残りの全人生かけて戦う」と宣言した。それほどまでに、今回、加計学園の獣医学部新設の妨害は不正義なことなのだ。

もし、加戸氏が朝日新聞、NHK、野党といった安倍政権打倒を試みる勢力に、戦いを臨むなら、きっと多くの賛同者をうむだろう。

加戸氏は冗談半分で言ったようだが、加戸氏が呼び掛ければ、今治市の住人がNHKの受信料の支払い拒否をするという行動もあり得るかもしれない。

今回の件は、たんに地方の獣医学部新設ができるか、できないかの問題ではない。オールドメディアである新聞テレビが、自分たちの主義主張に反する総理大臣を情報操作によって葬ろうとしているのだ。

選挙によって国民に選ばれたリーダーを嘘の情報によって潰そうとしている。つまりこれはオールドメディアが総スクランブル体制で臨んだ、クーデターと言っていい。

こんなことは絶対に許されない。加戸氏が言うように

『特定の思いを持ち統制しなければこういう報道結果が出る訳がない。そういった戦争犯罪人は内部処分をし反省して外部に謝るべき』だ。

情報操作により安倍政権転覆を狙ったクーデターの首謀者たちには相応の責任と処罰を受けてもらうのが筋だろう。