Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

【視聴者の会】上念司氏~株主になって抗議を予定「毒を持って毒を制す」

スポンサーリンク

f:id:kogito1:20170823142315j:plain

 

本日の産経新聞と読売新聞に「放送法遵守を求める視聴者の会」が意見広告を載せた。

「視聴者の会」の上念司氏らが加計問題のテレビ報道のひどい偏向報道に対して何らかの行動を起こすと言っていたその手始めだ。

【加計学園問題】前川氏答弁のテレビ放送時間、加戸氏発言の25倍超 民間団体の調査で判明(1/3ページ) - 産経ニュース

 

この先、上念氏ら「放送法遵守を求める視聴者の会」は次の3つの行動を予定しているとしている。

1)悪質なテレビ番組について、BPOへの告発。

2)総務省に対し、「政治的に公平であること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」と記した放送法第四条を順守するよう、各テレビ局への指導を求める。

3)さらに電波の周波数帯の利用権を競争入札にかける「電波オークション」(=電波の自由化)を要請する。

 

そして「視聴者の会」のホームページには、新体制に移行する「視聴者の会」が本気でテレビ放送の在り方を糺すための決意表明がされ、以下のような具体的な対策も書かれている。

 


 当会はこれまでのような呼びかけ人を中心とした任意団体から一歩進んで、体制を整備し、最終的には一般社団法人を目指して活動することにしたいと考えております。その目的は、法人格を有することにより、放送局やスポンサー企業の株主になり、株主総会等で経営者に直接偏向報道の問題点とリスクについて訴えていくということです。こうすることでしか現行制度において実効性のある提言をすることは不可能ではないでしょうか?
もちろん、当初は私もここまでやる必要はないと思っていました。しかし、今回の加計学園を巡る一連の偏向報道は余りに酷く、今後の抑止の観点から考えたとき、やはりこの「武器」を持つ以外実効性のあるプランは存在しないという判断に至りました。放送法が「倫理規定」だと言い張り、それを破ることに何の罪悪感も感じない人々の目を覚ますためには、「毒をもって毒を制す」という考え方も必要であるということです。

http://housouhou.com/

スポンサーリンク
 

 

一般の我々が個々で、今のテレビ報道の在り方を変えることは難しい。テレビ局やスポンサーに抗議を入れたところで、あまり効果はない。

しかし「視聴者の会」の行動に賛同し、会員になったり寄付をして応援することで、「視聴者の会」が力を持ち、変えていくことが可能になる。

上念氏は「毒を持って毒を制す」という方針に転換した。

非常に心強い。

テレビの歪んだ偏向報道に対して憤りがあっても、どうしたらいいのか、具体的な方法がわからない人も多かったと思う。

今のところ「視聴者の会」の会員になり寄付をすることが、個人ができる最良の方法かもしれない。

ぜひ、より多くの人が会員になることを望む。