Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

韓国のゆすりたかり第3弾は「関東大震災の朝鮮人虐殺」~日本に謝罪と賠償を求めるシリーズ

スポンサーリンク

慰安婦、徴用工と来て、韓国の日本に対する謝罪と賠償を求めるシリーズ第3弾は「関東大震災の朝鮮人虐殺」のようだ。

関東大震災時の朝鮮人虐殺 30日に遺族会発足=韓国

 

もちろん、この第3弾もほぼ虚構と言って良い。6千人など現実的に不可能な数字。

上のブログで、金田正二さんが、きちんと当時の状況を具体的な数字をあげて調べてくれているのでご参考に。

 

朝鮮人にとっては、日本を責められる材料ならなんでも持ち出す。日本人はうるさく言われるとすぐ謝ってしまう。両国の国民性の違いから問題はまったく解決しない。それが永遠と続く。

関東大震災はおおよそ100年前の話だ。

この調子で行けば、秀吉の朝鮮出兵についても、謝罪と賠償を求めると言ってくるだろう。

慰安婦については、これ以上、一ミクロンも妥協することはないし、そんなことは今の日本国民は許さないだろう。徴用工についても訴えられるだろう日本企業は1円たりともお金を払ってはいけない。

無視するのがベストだ。 

スポンサーリンク
 

 

しかし韓国人の脳みそや精神構造は本当に理解しがたい。まあ、理解する気もないが。

ほんの1年半前、国家間で交わした約束も簡単に反故にする。安倍首相もそれがわかっているから、慰安婦合意に米国を立ち会わせたのだ。

国際社会のレフリーのもと、「最終的かつ不可逆的に」という合意をしたので、今度は大丈夫だろうと思ったが、甘かった。

こうなると打つ手なし。手に負えないほどデタラメな国が韓国なのだ。

日本のとる手は、韓国との国交断絶しかない。とにかくすべての関わりを断つのがベストだ。

もちろん、そうなると日本は軍事的に厳しくなる。

つまり朝鮮半島の38度線が、対馬海峡になると言うことだ。

しかし、このことは遅かれ早かれ、そうなると予想する専門家もいる。

米軍が韓国からの撤退するのは本物。

一方、韓国は文在寅大統領の下で、北との融和、さらに統一もありえる。北主導の統一になるから、日本は周囲を、中国、ロシア、朝鮮という敵対国家に取り囲まれる事態になる。

確かにそうなると日本の防衛は厳しくなるだろう。

しかし、そのデメリットを考えても、今のまま韓国と付き合うより百倍マシかもしれない。

 

日本は今、歴史のターニングポイント迎えている。

外部環境の大変化で、変えなくてはならないことがたくさんある。

改憲もそうだが、一番は日本人の意識だろう。今、安倍政権であるということは歴史的必然なのだが、その生まれるべくして生まれた安倍政権をオールドメディアの新聞テレビが躍起になって潰そうとしている。

オールドメディアがやっていることは歴史の必然にあらがい、亡国へといざなう行為で、いずれ歴史が証明するだろうが、国民が不幸になるのをこのまま見ているわけにもいかない。

とにかく、まずは早急にテレビメディアの改革をして、政治報道をまともにしないと、日本は防衛ができないまま、敵国に飲み込まれていくだろう。