Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

我那覇真子「私達は英霊を二度死なせるわけにはいかない」靖国で英霊に涙の感謝

スポンサーリンク

 

 8月15日、我那覇真子さんが、靖国神社の第三回「靖国の心を未来へ~感謝の心をつなぐ青年フォーラム」で講演しました。

素晴らしい内容でしたので、一部を抜粋しました。

 


靖国に眠る英霊を語るとき、戦後最大のタブーがここにあるのです。
古来より我が国は、後に続く者がいることを信じて国難を乗り切ってきました。
これは日本国を貫く約束であります。国難に殉ずるのはそのためです。
しかし、戦後日本はどうなったのでしょうか。
テレビに象徴される底なしの文化の退廃と、白痴化、例えば、全国の成人式における、幼稚園児にも劣る乱痴気騒ぎ、この現代日本の醜い姿は英霊の方々に、とても釈明できるものではありません。個人的な思いとして私は、英霊の方々に、感謝と同時に、お詫びをしなければならないと思います。
英霊の皆様、まことに申し訳ございません。
皆様が身をもって残された日本は、このようになりました。
英霊の皆様、ごめんなさい。
今の日本はみずからの誇りを捨て、隣国に侮辱され、国家主権を犯されるままの国になりました。恥ずかしい限りであります。それでも我々は日本として生きていきたいのです。
日本を愛するがゆえです。
英霊の皆様、今少し、お時間を頂きたいと思うのです。
後に続く者があるのを信じて頂きたいのです。
祖国日本は再び立ち上がります。
そうしなければ、皆様の魂が、死んでしまいます。
私たちは英霊を二度、死なせるわけにはいきません。

 

今の日本人があるのは、命をかけて、過去に国難に立ち向かった人々がいるおかげです。

靖国に眠る英霊の犠牲なくして、今の私たちは存在しえません。

お盆に、自分の先祖の墓参りをするのと同じように、靖国神社をお参りするのは日本人なら当然です。

なのに、首相も天皇陛下もここをお参りできません。

そんなことは絶対あってはならないのです。

日本の行政の長たる首相と国家元首同然の天皇陛下が、靖国に来れない状況を、英霊が知ったら、どれだけ落胆することか。

命をかけて国のために戦った英霊に顔向けできません。

アーリントン墓地にアメリカ大統領がお参りに行けない、などという馬鹿な話がないのと同じです。

スポンサーリンク
 

 

東条英機らA級戦犯が合祀されているから、参拝できない、という話をよく聞く。

私は、この話に、以下のように大まかに反論しておく。

 

東条英機はもちろん戦争責任はある。戦争に負けたのだから、その指導者が責任を取るのは当たり前だろう。

しかし、東条英機が戦争犯罪人かと言えば、そうではない。

一般的な戦争史観から見ても、戦争犯罪人ではない。それに70年前の当時の日本国民も東条を戦争犯罪人などとは思っていなかった。

事実1953年に、国会決議の全会一致で東条らの名誉回復がなされ、

「戦犯として処刑された人々は、法務死であって戦死者とみなす」

となったのだ。

つまり東京裁判というのは事実上、戦争の延長線上の出来事であり、東条らがそこで裁かれ、刑死したのは「戦死したことと同じだ」と考えれていた。

東条らは戦死だから、靖国に祀られているのである。

そのことは、当時の人々にとって「常識」でさえあった。

ところが、その常識が、占領軍のウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムに基づいた自虐史観により、徹底的に歪められてしまった。

その結果、当時は「常識」だと思っていた事柄さえ、数十年後には消し去られたのだ。

 

東条はヒトラーではない。「日本の国民は善良だが、戦争をしたのは悪魔の東条や悪い軍に騙されたから」ではない。

国民が一体となって国難に立ち向かったのだ。

東条らA級戦犯がいるから、靖国に首相や陛下が行けないというのは、あまりに不条理に思える。

いつの日か、天皇陛下や首相が堂々と靖国に参拝する日が来ることを心の底より願う。