Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

朝日は安倍首相のストーカーか、加計で疑惑だ、隠蔽だとしつこい

スポンサーリンク

加計問題で安倍内閣を倒す、という朝日の意思は本当に本当にしつこい。

ここまで来るとストーカーのような不気味ささえ感じる。

今朝の朝日の朝刊トップはこれだった。

首相秘書官と加計側面会、再調査に応ぜず 菅長官:朝日新聞デジタル

2015年の4月に、安倍首相の秘書官が、今治市の担当者と面会したという記録が残っていたらしい。その際に、加計学園の事務局長も一緒だったようだ。

たったそれだけの事実。

それが何か?という話だ。

これがどういう論理の飛躍をしたら、「首相が加計学園の獣医学部を作らせるように圧力をかけた」ことになるのか?

百歩、いや一億歩ゆずって、秘書官が安倍首相にそのことを話したとしても、それが何か?という話。

1月20日や10日に安倍首相が加計学園のことを知っていた、いやそれ以前にも知っていたとしても、それが何か問題でも?

重要なのは以下のことだ。

スポンサーリンク
 

 

国家戦略特区の議事録はすべて公開されている。

国家戦略特区の会議に出席した人たち、つまり、これを決めた人たち全員が、「総理から何の指示もなかった」と証言している。

文科省の次官だった前川喜平氏も現役当時、何度も安倍総理と面会していたが、総理から直接「加計学園の名前は聞かなかった」と国会で証言した。

国家戦略特区の諮問会議で、決定されたことに、安倍首相が圧力をかけ、ねじまげて加計学園を押し込んだという証拠などいっさいない。そんなことを証言する人物はゼロだ。

つまり獣医学部の新設を決めた当事者が「首相は無実だ」とずっと言っているのに、朝日はまだ疑惑だ、隠蔽だと騒いでいる。

安倍首相が、加計のことをどの段階で知っていたかなど、まったくどうでもいい話だ。

朝日は話をすり替えている。無関係の話を大袈裟に取り上げ、疑惑やスキャンダルに結び付けようとしている。

これは非常に汚い手法で、ゴシップ紙並だが、テレビはその朝日新聞の記事に追随し、それ以上の印象操作をするのだ。

そしてテレビを受け身で、ボーっとして観ているだけの高齢者や主婦層は、それにいとも簡単に洗脳される。

今年に入ってこれをエンドレスにやっている。

一番の害悪はマスコミだ。