Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

朝日「特区会議に加計幹部出席・発言の記載なし」は完全なフェイク

スポンサーリンク

またまた朝日が加計報道でデタラメなフェイクニュースを流し、風評被害を関係者に与えている。政権を貶めるためなら、嘘や捏造印象操作、なんでもする朝日新聞に本気でペナルティを与えて欲しい。

 

【8月6日付朝日デジタルの記事】

特区会議に加計幹部 議事要旨に出席・発言の記載なし:朝日新聞デジタル 

 政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG、八田達夫座長)が2015年6月、獣医学部の新設提案について愛媛県と同県今治市からヒアリングした際、内閣府が公表した議事要旨の出席者に記載のない学校法人・加計(かけ)学園の幹部が同席していた。学園の教員確保の見通しをめぐる質疑もあったというが、議事要旨に記載はない。政府はWGの議事内容を「すべて公開し、透明性が高い」と説明するが、公表資料では十分に検証できない状態だ。

 

これに対する八田達夫氏の反論は以下だ。正確を期すために全文掲載する。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/pdf/gijiyoushi.pdf

国家戦略特区WG(平成27年6月5日)の議事要旨について
2017年8月6日
国家戦略特区WG座長 八田達夫


8月6日付朝日新聞で、「特区会議に加計幹部 議事要旨に出席・発言の記載なし」との記事が掲載されていますが、事実関係は以下のとおりです。

 

1、国家戦略特区WGで自治体等から提案を受けるヒアリングを行う際、提案者の要望により「非公開」と扱うことは、通常の取り扱いとして行っています。
すべて公開を前提とすれば、提案者が十分に情報を示せなくなり、国家戦略特区における提案制度の趣旨にかなわなくなることがあるためです。
平成27年6月5日の特区WGは、提案主体の愛媛県・今治市から、「議会対策、反対派・競合相手との関係上、非公開の希望」があり、非公開の前提で議事進行しました。
しかし、その後、今治市が国家戦略特区に指定され、提案が実現したことから、議論経過をできる限りオープンにすべきと私が考え、提案主体とも再度協議し、本年3月6日に議事要旨を公開しました。その際、当初は非公開を前提としていた経緯も踏まえ、公開する内容を調整しました。


2、6月5日のヒアリングでは、今治市が、独自の判断で、説明補助のために加計学園関係者(3名)を同席させていました。特区WGの提案ヒアリングでは、通常、こうした説明補助者は参加者と扱っておらず、説明補助者名を議事要旨に記載したり、公式な発言を認めることはありません。
6月5日のヒアリングでは、非公開との前提で、提案者以外の者(加計学園関係者)の非公式な補足発言も認めていましたが、議事要旨の公開に際しては、通常どおり、提案者以外の発言は掲載しませんでした。
なお、提案者から、説明補助者の参加・発言について議事要旨に記載してほしい等の特段の要望があった場合は、議事要旨に記載している場合がありますが、今回はこうしたケースにあたりません。


3、以上のとおり、特区WGの議事要旨の公開については、国家戦略特区の制度趣旨にかなうよう運営しているところであり、今回のケースは通常の取扱いどおり行ったものです。

スポンサーリンク
 

 

2年前のワーキンググループで、参加者でもないから、議事録に記載しなかった、ただそれだけのこと。これは通例の扱いで特別なことでもない。

しかも、それは今治市側の要求だった。

それを朝日は相変わらず、報道で、<官邸が加計を隠蔽するためだ>という印象操作をしている。

もうね。いい加減にしろ、と言いたい。

首相肝入りの国家戦略特区で、獣医学部ひとつ作れない首相に、いったいどんな絶大な力があると言うのだ?

一連の加計報道に対する朝日の姿勢は最初から、常軌を逸しているし、しつこすぎる。

 ほんとうに辟易してきた。