Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

【二重国籍問題】蓮舫の会見は嘘とすり替えと言い訳だけだが、もうどうでもいいわ

スポンサーリンク

蓮舫が夕方5時から二重国籍問題にかんして記者会見をしたようだ。

蓮舫の会見には、最初からまったく期待していない。

どーせ、話のすり替えと嘘と言い訳に終始するだろうな、と思っていたが、その通りになった。

子供のせいや、差別のせいにして話をすり替えて、己を正当化する、自分の過ちは認めない、謝罪もしない、逆に、自分を責める人たちには「民族差別」だとレッテル貼りをして攻撃的な態度に出る。

日本人のメンタリティとはほど遠い。

まあ、去年の時点まで日本に帰化していなかったんだから、そんなこと求めても無駄ということだ。

重国籍で国会議員というのは現行では犯罪じゃないが、2004年の参議院選挙で、「台湾から帰化」と嘘をついたことは経歴詐称になる可能性がある。

蓮舫、一転して戸籍謄本を公開せず~公職選挙法違反の可能性大か

過去に経歴詐称で新間氏が議員辞職している。

この時は司法が動いた。

今回のケースで、司法は動くか?

たぶん動かない。

もし動いたら、左翼マスコミから非難の嵐が起こる。

だから蓮舫は不問に付されるだろう。

正直、蓮舫のこの問題は個人的に興味がなくなった。

マスコミが蓮舫を援護し、このまま民進党の代表に留まってくれた方が、安倍政権には好都合だし。

 

そんなことより、ここ最近の中国の領海侵犯の件の方が気になる。

政府が中国船領海侵入に懸念伝達 - 産経ニュース

排他的経済水域EEZでも大問題だが、中国は日本の領海にまで侵入してきた。

これはただことではない。

日本が9条で武力行使そして武力による威嚇さえも禁じられているため、中国はやりたい放題だ。

9条の改憲はすぐにでもやらないと間に合わなくなってしまう。