Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

蓮舫、一転して戸籍謄本を公開せず~公職選挙法違反の可能性大か!!

スポンサーリンク

※ 記事の最後に怒りの追記アリ

 

<記事の前半は、蓮舫氏が戸籍謄本を公開するという前提で、書きました>

 

民進党の蓮舫代表が自身の国籍問題にかんして、近々、戸籍謄本を公開すると発表しました。

当たり前ですが、蓮舫氏が2004年に国会議員になった時、彼女の国籍が、日本国籍なのか、それとも二重国籍なのか、は重要な問題です。

日本は二重国籍を認めていないので、国会議員になるには日本国籍だけの者、というのが常識です。

しかし、一般人では二重国籍の人は多くいます。

日本の場合、22才までは二重国籍で問題ありませんが、22才以上はどちらかを選ばなければなりません。

なりません、と書きましたが、日本の国籍法の場合、外国籍の離脱は努力義務になります。努力義務なので、外国籍を離脱していない場合でも違法行為として罰せられません。

したがって、日本には22歳を超えても日本と外国籍の二重国籍状態の人がたくさんいます。

 

問題は国会議員になる時に二重国籍だった場合、違法として議員失格になるかどうかということです。

 

公職選挙法では、被選挙権に日本国籍と外国籍の両方を有している者を除外する規定はありません。

 

つまり、このことで、蓮舫氏が国会議員の地位をはく奪されることはありません。

上にも書いたように、日本は二重国籍を認めていないので、常識的に考えれば、国会議員で二重国籍は「アウト」なのですが、法的にはギリギリ「セーフ」ということになります。

 

蓮舫氏の国籍問題は、これとは別で、公職選挙法の第235条にひっかかるのではないかということです。

つまり、経歴詐称などの虚偽事項公表罪、です。

 

彼女は1985年に日本国籍を取得しました。

それまでは台湾人だったのです。(発覚当初は『生まれた時から日本人』というひどい嘘も言っていたが、まあそれは置いとくとして)

1985年の手続きは、日本への帰化ではなく、台湾籍との二重国籍になったということです。

 

ところが、2004年の選挙の時、彼女は選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」と記載しました。

2016年の選挙の時も同様に日本国籍のみを有しているということを公にしました。

 

この2つのことが、真実ではないので、公職選挙法違反になるのです。

 

彼女が2004年の時点で、二重国籍だったことは、ほぼ確定しているのですが、彼女はそれを問い詰めれると『自分は1985年に台湾籍を放棄していた』と語りました。具体的に父親と一緒に台湾籍を放棄する手続きをした、と述べました。しかし、台湾当局に問い合わせるとその事実ありませんでした。

蓮舫氏は、次に、これは、意図的ではなく勘違いだった、というような言い訳をしました。

そういう風にもっていくことで、経歴詐称などの虚偽事項公表罪から逃れようとしたのです。

 

ところが、それも嘘だとネットでバレました。

1993年の朝日新聞のインタビュー記事に、蓮舫氏はこう答えています。

『在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい』

 

f:id:kogito1:20170713161844j:plain

画像元:http://kyoukai.xyz/renhou7/

 

つまり1993年の時点で台湾籍(中国籍)を持っているという自覚があったのです。

「1985年に台湾籍を放棄したと勘違いしていた」という言い訳も通用しません。

彼女は場当たり的に嘘に嘘を重ねているのです。

 

日本国籍を選択宣言すると、戸籍に宣言日が明記されます。

つまり今回の蓮舫氏の戸籍謄本の公開で、みずからの意思で、いつ日本国籍を選択したのかがはっきりするのです。

 

同じく二重国籍で問題視された、自民党の小野田議員は、参院選出馬前に米国籍を放棄手続きし、日本国籍を選択しました。

 

この基準から見て、蓮舫氏が2004年の選挙前に、日本国籍を選択宣言をしたかどうかがポイントになります。

2004年より前に日本国籍の選択宣言をしていれば、仮に二重国籍状態でも同情の余地はあるでしょう。そうでなければ、とんでもない大嘘つきということになりますし、法律違反を犯したことになります。

 

公職選挙法の第235条の罰則は以下になります。

 『虚偽の事項を公にした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する』

これは議員辞職し、刑事罰を受けるべきことがらです。

 

【追記7/13日午後9時】

上の記事を書いた後、驚愕の事実をネットニュースで知った!!

さきほど会見で蓮舫は、『戸籍謄本を公開するとは言っていない』と述べたそうだ。

 

 

 

なんなんだ、この蓮舫という人は!?

国民をバカにしているのか?

ふざけすぎだ。

もう、最初から言ってることが二転三転し、嘘ばかりついている。

 

蓮舫いわく、

「戸籍謄本そのものとは言っていません。特に我が国におきましては、戸籍というのは個人のプライバシーに属するものであり、差別主義者、排外主義者の人たちに言われて公開するようなことが絶対にあってはいけないと思っています。前例にしてはいけないとも思っています」

 

はぁ?

自民党の小野田議員は出しているぞ。

差別とか排外主義とかは関係ないわ。

それにあんたの場合、公職選挙法の第235条の違反の可能性があるんだからな。

身の潔白のためにも出す必要があるだろ。

 

蓮舫いわく、

「ただ野党第一党の党首として安倍総理に強く説明責任を求めている立場からして、極めてレアなケースではありますが、戸籍そのものではなくて台湾の籍を有していないということが分かる部分、これを示す準備があるというのはお伝えしたとおりです」

 

台湾籍なんて関係ない!この間、籍抜こうとしていたのはみんな知っている。

それも台湾政府から不受理されたんじゃ?

結局、最近まで二重国籍で、日本国籍の選択もしていなかったことは明らかだから選挙法違反だよね。

 

 

実際、この件では市民団体が、東京地検に告発状を出している。

蓮舫氏を東京地検に告発へ きょう「二重国籍問題」で市民団体代表ら - 産経ニュース

地検は絶対に受理し、白黒をつけるべきだ。