Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

高木美保の安倍批判「民主主義の多様性を軽んじている」について

スポンサーリンク

ネットで情報を得ているなら、ほとんどの人はご存じだと思うが、秋葉原で安倍首相の応援演説を妨害した中心人物は共産党や「しばき隊」らの活動家だった。

【ネットの話題】秋葉原の安倍晋三首相の演説で、「安倍やめろ」のコールをしたのは誰?“場外戦”に発展も- 産経ニュース

 

またそれらの活動家と手を組んだのはTBSをはじめとしたマスコミで、首相が国民の多くから支持を失っているという捏造報道にもっていった。

安倍辞めろコールで、選挙妨害をしている政治工作集団に向かって

「こんな人たちに負けるわけにはいかない」

と言ったことはまったく正しい。

彼らは選挙妨害という法律違反をしている。首相の話を聞きに来ているたくさんの人々の邪魔をしている。一国の首相の言論を封じようとしている。これこそが民主主義の否定だ。

 

ところが、テレビと左翼新聞は、この事実に対して、真逆の解説をし報道した。逆に安倍首相が「反対派の声に耳を貸さない傲慢な態度を見せた。これは民主主義の否定だ」という具合に、事実を歪曲し、反対の意味にすり替えている。

「白を黒だ」と報道しているのだ。

恐ろしいことが今マスメディアの間で行われている。

メディアの犯罪行為を、今我々は目の当たりにしていると言ってもいい。

なのに多くの国民はそれに気づいていない。

 

 

女優の高木美保さんは、

「有権者をこんな人たちと言うのは政治家として民主主義の多様性を軽んじている。すごく悲しいものを見てしまったと思った」

とテレビで答えたらしい。

高木さんの発言は、テレビメディアの論調と同じであるから自分で考えたわけではなくメディアの受け売りだろうと思います。

これは別に高木美保さんに限ったことではない。

ワイドショーに出ている、キャスターや芸能人コメンテイターは、自分の頭で考えて発言しているわけではなく、左翼メディアの報道(はっきり言えば朝日新聞)の論調に合わせて発言している。

なんとなく、そっちの方が正解だろうと思って喋っている。

 

今、朝日は安倍内閣の激しい倒閣運動をしている。

すべて「安倍が悪い」という空気を作り出している。

テレビもそれに乗っかり、その空気はすでに支配的になりつつある。

多くの国民もテレビタレントも、安保法制もテロ準備罪も、加計もどこが問題なのかわからないが、メディアが悪いと言っているので悪いのだろうとしか見ていない。

空気に流されているだけと言える。

その空気作りには、印象操作や捏造なども含まれているということには気づかない。

テレビしか見ない人は、そんなことをしているなどと露にも思っていない。

 

政治的な問題に限定すると、高木美保さんの言う「民主主義の多様性」は、彼女が出演しているテレビや、その他の既存メディアにはあるのか?

安倍首相は正しい、と述べたり、小池百合子は間違っている、と発言することは許されるのか?

多様性、様々な意見を尊重すると言うが、右派的な発言(けっしてヘイトではない)は封じられていないか。

テレビの論調にバイアスは掛かっていないか。