Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

都議選前に写真集を出す小池百合子は三流のダメ政治家だ!!

スポンサーリンク

 

 

上はジャーナリスト有本香氏の著作「小池劇場が日本を滅ぼす」

下は小池百合子氏の写真集。

都議選を控え、ほぼ同時に売り出された二冊。

どちらもAmazonではベストセラーになっている。

これは少し面白い。

有本香氏の方は、小池都政の欺瞞を暴いた本。豊洲市場移転の延期をし続けている彼女を批判した内容だ。

写真集の方は、小池百合子をアイドル的に持ち上げて、応援しているものと思われる。

どちらも売れているということは、今の小池都知事の評価そのままかもしれない。つまり現状、彼女の評価は二分されていると考えられる。

 

3月に行われた石原慎太郎元都知事の記者会見と百条委員会の招致はひとつのターニングポイントになった。

あれを境に、彼女へのフォローの風はピタリと止んだ。

豊洲市場移転を先延ばしする小池都知事への批判や疑問の声が少しずつ大きくなったのだ。

ただし、まだ逆風とまではいっていない。

テレビが相変わらず小池都知事の応援を止めていないからだ。

それでもネットでは「決められない知事」を非難している声は割と大きい。

だが、どうだろう?

私にはネットと世間の声には少し乖離があるように感じる。

現実には小池都知事の支持率は高いようだ。

 

とは言え、「決められない知事」のレッテルを貼られてはたまらない、そう小池知事は考えたのか、都議会選前に豊洲市場移転を表明する可能性が出てきた。

【豊洲移転問題】小池百合子都知事、豊洲可否を週内にも判断 「材料」出そろう(1/2ページ) - 産経ニュース

 

元々、小池都知事は都議選後に「豊洲市場移転を表明」するプランだったはずだ。

はじめから「移転しない」選択肢などありはしない。

さっさと移転を表明しないのには、生活者ネットワーク等を支援する左連中の票を失いたくなかったからだろう。生活ネットは豊洲市場移転の白紙撤回を求めている、共産党と同様に原理主義者の集団だ。

 

小池氏にとってはかなり難しい判断になるだろうが、都民にとって、そんな彼女の事情などどうだっていいことに違いない。

彼女の戦略など都民には関係ない話だ。

都民の益になるには、どうすればいいかなど考えていない、すべて自分本位のことだからだ。

 

それにしても、小池百合子というのは、目の前の勝利のためだけに動く、こんなにも超近視眼的な視野しか持たない、つまらない政治家だったのだろうか?

流行りのキャッチーな言葉を連発したり、写真集を出したり、メディアの演出だけを考えたりする、そんな中身のない三流政治家だったのだろうか。

私の中で、小池百合子の評価は今最低になっている。