Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

【異常!?】1日10時間もワイドショーをやるテレビとそれを見る人々

スポンサーリンク

維新の会がCBCテレビの『ゴゴスマ』に抗議文を送ったというニュースをネットで知った。

CBCテレビ「ゴゴスマ」6月6日(火)の報道について | 東京維新の会

 

それによると、6月6日の『ゴゴスマ』の放送で、東京都議選における各党の「豊洲市場移転についての公約」を紹介したようだが、維新の公約は紹介されなかったらしい。

豊洲移転に関する維新の公約は、「豊洲への早期移転」さらに「築地存続のための再整備予算に反対」というものだが、それが見事にスルーされたとのこと。

それに維新が抗議したそうだ。

意図的かそうでないかは分からないが、これは明らかに『ゴゴスマ』に落ち度がある。

都議選間近になったのだから、各政党の公約は平等に放送しなければ放送法違反になる。ワイドショーだからと言って許されないだろう。

 

ところで、『ゴゴスマ』は私の地元、CBCテレビなので、ローカル番組かと思いきや、これ全国ネットされているようだ。全国ネットなら、なおさら維新スルーはまずい。

昼間テレビを見る機会がほとんどないので、ワイドショーに関しては、ぼんやりとしか知らない。

それで、ふと気になってテレビ番組欄を見て、衝撃を受けた。

 

朝もはよから夕方まで、ワイドショーで埋め尽くされている。

私は愛知県在住なので、例えば、平日のCBCテレビ(TBS系)の番組表を見ると、

 

午前5:25~8:00 「あさチャン!」

  8:00~9:55 「ビビット」

 10:25~11:20 「ひるおび!<午前>」

 11:30~11:55 「JNNニュース」

 11:55~13:55 「ひるおび!<午後>」

 13:55~15:58 「ゴゴスマ」

 

なんと朝の5時半から夕方4時まで、10時間もの間、ワイドショーのオンパレード。

これはちょっと、ひどすぎじゃないか。

しかもここ半年以上、ワイドショーの話題の中心ネタは、小池劇場と森友と加計だったはず。

それぞれのワイドショーで、同じネタをキャスターとコメンテイターを変えて繰り返し、くどいぐらい放送していたのだ。

これを、主婦やリタイヤした高齢者は、暇つぶしにずっと見させられている。

テレビの偏向報道については何度も問題点を指摘したが、ここまでやられればネットをやらない人は簡単に洗脳されてしまうわけだ。

 

テレ東系を除けば、他局もほとんど同じ構成で、呆れる。

土日だって、午前中はワイドショー、報道バラエティが中心。

テレビ業界における、報道バラエティ番組というのはそんなにキラーコンテンツなのだろか?

こういっちゃ悪いが、主婦が政治に関心があるとは思えない。

多分、ワイドショーで放送しているのは、政治のようで政治ではないのだろう。うまく言えないが、政治テイストのスキャンダルゴシップネタみたいなもの・・・か。

こんなもの見続けたら、思考力が停止し脳が溶けそう。

でも、やることがないと見ちゃうんだろうな。