Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

和泉補佐官「総理は言えないが」という前川氏インタビュー記事の疑問点

スポンサーリンク

朝日新聞が加計学園ネタに相当力を入れているらしいことは聞いていたが、案の定、このネタを続けて投下して、本気で安倍政権を倒そうとしている。

今朝の朝日の朝刊トップは、これだった。

「総理は言えないから私が」と首相補佐官が…前次官証言:朝日新聞デジタル

内容は和泉洋人首相補佐官が、

『総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う』と圧力をかけたという、前川喜平、前文科事務次官のインタビュー。

 

肝心なのは、これはすべて前川氏の言い分だという点。

前川氏はこの間の会見ではこのようなこといっさい言っていなかった。なぜあの会見の時に言わず、後になって朝日新聞にこんなことを言ったのか。

不思議である。

これが本当なら、官邸が圧力をかけたというかなり具体的な話になる。だから会見では絶対に言うはずだ。言わない理由はない。

それを言わずに温存し、のちに朝日にだけ言うのはどういうわけだろう?

 

そもそも、「総理のご意向」と書かれた文書をリークし、朝日新聞に持ち込んだのは前川氏本人だ。前にも書いたが持ち込んだ当人が、記者会見をやって「本物です」と言っても、ただの自作自演で、何の証明にもならない。

さらにその前川氏が『総理の口から言えないが・・・』という補佐官の話をしたところで、当たり前だが、それも真実味がない。

前川氏の言い分は、すべて第三者の裏付けが取れていない。今回の話も同様だろう。

 

ここまで来ると、前川氏が持ち込んだ「総理のご意向」という文書は、前川氏本人が作った捏造文書の可能性があるのではないか。

最初、文部次官まで務めた人間がそこまでやるだろうかという疑問はあったが、前川氏の行動を見ているとやりかねないように思えてならない。

 

前川氏の言い分も、あの文書も、虚実織り交ぜてある。事実の部分とその事実を基に脚色された部分があり、なんとなく「ありそうな話」という感じに仕上がっている。

そこが、なんともいやらしい。

 それと朝日はどうやったら、安倍政権のイメージダウンをさせられるか熟知している。それはこの加計学園ネタをしばらくは連日のように投下して、国民に、その印象を植え付けるやり方だ。

まとめてドカンとネタを投下させるのではなく、長い間、このネタを言い続けて、国民に刷り込ませる。その方が国民を洗脳させやすい。

前川氏と朝日のタッグはなかなか考え抜かれている。

 

安倍政権はこの問題、きちんと対応しないと、本当に朝日の思うつぼになるかもしれない。