Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

図書館の学校史切り取り事件は何故?理由を探ると怖い事実も

スポンサーリンク

ただの事件ではないのかもしれない。

名古屋を中心に、図書館においてある学校史の集合写真が切り取られている事件。現時点で17の県、51の図書館と被害が全国に及んでいる。

当初は東海地方だけかと思われたが、宮城や岩手、そして福岡でも被害は確認された。

ここまで範囲が広いとなると、特定の個人がいたずらでやったものではなく、ある集団が意図的に、かつ組織的に犯行に及んでいる可能性が強い。

だが、その理由は謎だ。

目的がわからない。

個人情報の収集が目的なら、本ごと盗めばいい。そもそも学校史に個人情報なんかほとんど載っていないだろう。

写真を中心に切り取られているのも意味不明だ。

不気味な事件だが、ただの愉快犯とは思えない。

事件の背景に我々が想像を絶する理由があるのかもしれない。

 

実は不気味な事件はまだある。

愛知県には名古屋鉄道、通称「名鉄」という私鉄が走っている。

その名鉄の小牧線で電車内やホームに排泄物が置かれているという事件が過去2年間に50件ほど起きている。

名鉄小牧線に排せつ物 2年半で50件:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

今年の4月だけで、4件発生している。

こちらも事件の背景は謎だ。

個人のいたずらにしては回数が多すぎる。2年半で50件なら、月2回のペースになる。

 

同様の事件が東京の渋谷駅で最近起きていた。

全文表示 | JR渋谷駅山手線ホームに「大量人糞」 終電間際、ツイッターに悲鳴噴出 : J-CASTニュース

これが連休序盤の5月1日に起きた。

渋谷駅の汚物は50メートルほどに広がった。大量の人糞が撒かれた模様だ。

この事件に関して、ネットで配信されている「報道特注」という番組で、自民党の和田政宗議員が興味深いことを話している。

 動画の12分30秒あたりから、渋谷に撒かれた人糞事件の背景に関して和田議員が話している。

少し抜粋すると、 


 うんこが撒かれた時に、私ちょっとヤバイかもしれないと思って、というのは、その2週間前にアメリカ軍のテロ対策の専門家と話す機会があって、その時にその方が言っていたのは、『和田さん、神社に油撒かれているでしょ。アレって嫌がらせだと思いますか?』と言われて、『嫌がらせひどいですよね』と言ったら、『和田さん、アレね、嫌がらせじゃないと思うんです』と言うんです。『アレをやるとテロの段階がどんどん進んでいく、予行演習だ。中東でも似たようなことがあった。油を撒きました。警察が何日後に発見をし、どういう行動をし、何人がどの署から来るか、ということを全部見て、このぐらいの人数がじゃあここに来る、テロをやるときは駅だとか発電所だとか水道とかに仕掛けとかドカーンとか毒を入れたりするわけじゃないですか。そっちが手薄になるぞということを全部データとして向こう側がとって、いざやるときの参考にする。だから気を付けてください』と。『政府与党にも伝えてください』と言われました。

 

和田議員によると、渋谷の人糞や神社の油撒き事件は、北朝鮮によるテロの予行演習の可能性があるとのことだ。

となると、一見不可解に見える、図書館の学校史の切り取り事件も、そういうキナ臭い話と結びつくように思えるのは考えすぎだろうか。

 

もう一度、図書館の切り取り事件に話を戻すと、一番被害があったのは名古屋の鶴舞中央図書館、18冊161ページ。

これが5月1日に発見された。実際に切り取られたのはそれ以前だから4月になるだろう。

その名古屋の中心から北に伸びる名鉄小牧線の中で人糞事件。過去2年半で50回。さらにこの4月に4回と集中的に発生。

名古屋は言わずと知れた日本3大都市の1つ。

空港は小牧空港(名古屋空港)と中部国際空港(セントレア空港)がある。

中部国際空港には名鉄が直通している。

 

両事件の場所と時期が妙に符合しているのが、嫌な感じを受ける。

4月から5月にかけて北朝鮮有事が高まり、今はやや沈静化しているように見えるが、事態がどう動くかは読めない。

今朝もこんなニュースが入ってきた。

北朝鮮 弾道ミサイル1発発射 | 2017/5/14(日) 6:08 - Yahoo!ニュース

北絡みの同時多発テロの危険は、まだ排除できないし、日本経済の中枢の一角である東海地方がその標的になる可能性もあるように思う。

名古屋は東京や大阪に比べて、テロの警戒度は低いだろう。

起こす側からみれば、やりやすいとも言える。

やりやすく、人口が多い分、その効果も大きい。

テロの絶好の場所として標的にされるかもしれないのだ。