読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

京都木屋町ラーメン店での韓国人ヘイトを報道するテレビ局の背景とは?

スポンサーリンク

京都木屋町のラーメン店で、韓国人観光客が、客とおぼしき男性に差別的な言葉を投げつけられた動画がネット上に流れ、それを日本のテレビ局が取り上げています。

この動画については、当の韓国人観光客が生配信していたので、やり取り自体は本当にあったことのようですが、しかし、一方で、やり取り自体に不自然さがあり、「ヤラセ」ではないか、という疑惑もあります。

 

もちろん、こういう差別的なやり取りがあったとしても、おかしくはない。

しかし、ヤラセという疑惑が持ち上がるのには別の理由もあります。

それは、この動画を撮った韓国人自体が、かなりいわくつきの人物だからです。

 

 

この韓国人は、日本に観光で頻繁にやってきて、日本の様子を韓国版ニコニコ動画で生配信していました。

自称、25歳の韓国人俳優ということですが、目立った俳優歴はなく、しかも年齢は37歳の中年男ということらしいです。

韓国に向けて日本の様子を生配信し、その収益で食っていたと思われますが、どういう動画で韓国人視聴者を惹きつけていたかといえば、日本人女性をナンパする様子を見せて人気を博していたということだそうです。

日本女性を「寿司女」と侮蔑しながら、ナンパし、キスや抱きつく様子を生配信していました。

 

つまり、そんなゲスな男ですから、京都のラーメン店でのやり取りもヤラセかもしれないと思われているのです。

ただし、実際にああいうやり取りがあっても別にどうということもない、と個人的には思います。

日本人だって海外に行けば、現地の人に差別的な言葉を投げつけれれることはしょっちゅうです。

そんなことニュースになんかしません。

問題は日本のテレビ局が、これを報道していることです。

なぜ、こんな客同士のやり取りを問題視するのでしょう?

ラーメン店の店員がこのようなヘイトをしたのなら、この店が責められても仕方ありませんし、多少はニュースになるのはわかるのですが、店はまったく関係ありません。

客同士の話です。

 

これをテレビ局や番組を作るテレビ制作会社が取り上げる理由はなんとなく察しがつきます。

背景に局や制作会社に入り込んでいる在日の存在です。

日本を貶め、韓国上げを、目に見えない形でやっているのです。

これは彼らが組織的な意思でやっていることです。

日本の世論を自分たちに有利なように導くために、彼らはこの業界に意図的に潜り込んでいるのです。

何も知らない日本人は、このようにいつの間にか刷り込まれ、世論を誘導されているのです。

今回の件、この韓国人観光客の正体がネットで暴かれた後も、日本のテレビ局は、この韓国人を「心の広い、良い人」みたいな報道を続けています。

この韓国人の素性が広まった時点で、このニュースの信憑性はなくなり、報道をやめるのが常識でしょう。

しかし、そうはならず、韓国人を称賛しているのが現状なのです。