Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

「直撃LIVE グッディ!」が小川栄太郎氏のVTRを意図的にカットして放送

スポンサーリンク

 

テレビのニュース、ワイドショーの偏向報道、捏造報道はよほど意識していないとわからない。

またインタビューなどを意図的に編集したりカットしたりして放送する事例もけっこうあるのだが、そんなこと、視聴者は気づかない。

テレビはそういう卑劣なことを平気でやる。国民を洗脳しているわけで、もはや犯罪と言ってもいい。

 

3月28日に放送されたフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」で、小川榮太郎氏のインタビューが放送された。

内容は「森友学園」問題だ。

なぜ、小川榮太郎氏がフジテレビの番組にインタビューされたのかと言えば、彼の名前が、安倍昭恵夫人と、学園の籠池理事長の妻・諄子氏とのメールに登場したからだ。

番組としては、真相解明など、どうでもよく、とにかく話題性があるからインタビューをしたのだろう。

小川榮太郎氏は「放送法遵守を求める視聴者の会」の事務局長もやっている。

この放送法遵守を求める視聴者の会」というのは、簡単に言えば、現在のテレビ放送における偏向報道を糺すために活動している会だ。

そういこともあって小川氏は、このインタビューを受ける際に、自分の発言が都合のいいように切り貼りされることを恐れていた。

予防策として、自身でもインタビュー映像を別に撮っていたのだ。

そして案の定、3月28日に放送されたフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」では、恣意的に編集カットされたインタビューが放送された。

上の動画をじっくり見てほしい。

 

小川氏は、インタビューの途中で「ここは絶対に放送してほしい」「カットしないでほしい」「カットするなら、すべて放送しないでほしい」と再三、釘を刺している。

にもかかわらず、放送では「絶対放送してほしい」と小川氏が要求したところをわざと、カットした。

これは恣意的というより悪意がある。

私は、このフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」という番組をまともに見たことがない。安藤優子というキャスターがやっているということぐらいしかしらない。

「直撃LIVE グッディ!」がTBSの「サンデーモーニング」のような質の悪い、極左番組かどうかも知らないが、このような悪意ある編集をする番組ということは、結局のところ、サンモニと変わらない、極端な偏向番組なのだろう。

安藤優子というキャスターに関しては、私自身の持っているイメージは、思想性ゼロだ。ゴリゴリの反日左翼という感じはしない。たんに何も考えていない人ではないかという気がする。何も考えない人が番組制作の空気に流されて左翼発言をしているだけじゃないかと。ベテランの女性キャスターだから番組進行には安定感はあるけど、思想的な色はあまり感じない。

そもそも彼女は「グッディ」の演者にすぎないし、小川氏のインタビューを切り貼りして流したことにも気づいていないのかもしれない。

そういう意図的な捏造や、やらせVTRを作っているのはディレクター達だ。

問題は彼らだろう。

番組制作は、局がやっているというより制作会社に丸投げしていると聞く。

そして制作会社には反日勢力が入り込んでいるという話もある。

今回の件は、小川榮太郎氏がきちんと証拠を残した。

これはとても大きい。

もちろんBPO案件だろう。BPO自体が左翼の巣窟だが、強く働きかけることには意味がある。

 

【追記4/7】

フジの「グッディ」は本当にひどい番組のようだ。

最近では昭恵夫人の人権侵害ともいえるような嘘のニュースを平気で流している。

 

 いったいどういう連中が番組を作っているんだろう?

捏造偏向のオンパレード。地上波でフェイクニュースを垂れ流している。

下手したらサンモニよりひどいかもしれない。

こういう内容の番組が放送されているという事実だけでも許せない。

このまま番組を続けさせてはいけない。