読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

【百条委員会】自民党都議は石原氏を擁護し、反小池に舵を切った模様

スポンサーリンク

豊洲移転問題での石原元都知事の百条委員会が終わった。

いい意味でも悪い意味でも何も出なかった。

こんなことはやる前からわかりきったこと。無駄な政治ショーをしたものだ。

メディアの反応は予想通りとは言え、まだ石原氏を「説明責任を果たしていない」「記憶がないで誤魔化している」などと叩きまくっている。

ここまで来ると、宗教だ。石原悪説にこだわる教条主義。

いや本当に、テレビ新聞は共産党の代弁者にしか見えない。

 

実は、すでにこの豊洲問題は風向きが変わっている。そのことに一番鈍感なのはマスコミ連中だ。現時点で、早期の豊洲移転へ、という意見が一番多いのを知っているのか。知っていて、隠しているのか。また小池知事のやり方に疑問を抱いている人も増えている。さらに、ご老齢で病気を患いながら、百条委員会に出た石原氏への同情も増えている。

 

そういう雰囲気を察したのか、百条委員会の後に会見した小池都知事は、冒頭に石原氏に対して、気遣いの言葉を述べた。まあ、お飾りの言葉だったが。

 

百条委員会で最初に質問した自民党の議員たちは、明らかに石原氏を援護をしていた。直近まで、逡巡していた彼らが態度を決めたように見えた。反小池に舵を切ったのだ。(とは言っても世論を見ながら、フラフラする風見鶏の自民議員もまだ多いだろう。情けないことだが)

その判断はおそらく正しい。

ふつうに考えて、小池都知事のやり方が夏の都議選までもつわけないと予想する。一か月半前の千代田区長選の時からも変化しているように思う。まだ逆風は吹いていないが、小池氏にこれから大きな風が吹くこともないのではないか。

 

百条委員会を終えて石原氏の役目は終わったのだ。今後、石原氏にどれだけ責任転嫁しても無駄だ。これからの、すべての責任は小池都知事に降りかかる。

もう、スケープゴートはいない。

 

【追記】

【産経・FNN合同世論調査】小池都知事の支持率79% 「小池氏1強」にすがる民進党、公明党に先を越されて… (1/2ページ) - 産経ニュース

 

最新の世論調査が出たので追記しておく。

まだ小池支持がとんでもなく多い。メディアで小池批判が皆無の状態だから、しょうがないか。私の分析はやや先走りすぎたかもしれない。

夏まで時間はあり流動的だが、小池新党が過半数を取るのだろうか?

本当にそれで都民ファーストができればいいが、小泉チルドレンのように、中身のないスカスカ都議が増えるだけ、とならないことを願う。