読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

【不都合な真実】尼崎の朝鮮学校は100分の1の賃料で土地を借りていた

スポンサーリンク

 

維新の丸山議員はいつも正論を吐いてくれます。

共産や民進党、そしてマスコミは、国有地売却の問題には触れてほしくないのが本音のようだ。

とにかく『森友は悪』『それにかかわった与党議員を悪』としてイメージダウンを狙っているだけ。

 

国有地、公有地に関する売却、および賃貸は、森友だけじゃない。過去のすべてを調べなおす必要がある。

 

 

この事実はぜひ、国民に知って欲しい。

尼崎の朝鮮学校の土地は相場の賃料の100分の1というタダ同然で尼崎市が貸していた事実。

年間2600万円の賃料のはずが28万円

批判されて、それをようやく260万円にするようだが、それでも10分の1

森友の値引きなんてどうでもいいぐらいになるレベル。

そもそも森友の値引きは埋まっていた産廃ゴミの量からして、合理的に計算された結果の可能性もある。つまり森友の方がフェイクニュースの可能性大。

追及せねばならないのは、朝鮮学校の方だろう。

野党も追及しない、マスコミも伝えない本当に不都合な真実はこっちなのだ。