読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

石原元都知事の会見は横柄な記者のつるし上げの場だった

スポンサーリンク

さきほど、石原慎太郎元都知事の記者会見を見ました。

コギトは、見ている最中から、ご老齢の石原さんが気の毒でしょうがなかった。

まるでつるし上げです。

質問した記者の無礼な態度によく石原さんはキレなかったなあと思います。

石原さんを「恥知らずだ」とののしった記者もいました。

 

老齢化した築地市場を豊洲に移転する話は青島都政からの引継ぎ事項です。

そして都議会で議論を何度も重ね、専門家の判断を仰ぎながら、議会決定したこと。

議事録もあるだろうし、専門家の意見も資料として残っている。

さらにいえば、17年前、都議だった人のなかには現在も都議の人も多くいます。

当時、このような大騒動になるとは誰も思っていなかったはず。

古参の議員は、その過程をすべて見ていたわけだからね。

ご高齢の石原さんを百条委員会に呼ぶつける必要もない。

あなたたち、経緯を知ってるでしょ。

 

確かに石原さんは都のトップとして判を押した。その責任はあります。本人はそれを認めている。

しかし石原さんも会見で何度も述べたように、みんなで決めた、機構決定した案件です。

だれが都知事でも、そんなもん判を押すでしょう。

記者会見で傲慢な態度で石原さんに質問をしていた人だって、仮に当時知事だったら判を押したはず。

というか、押す以外にない。

 

「記憶がない、わからないで逃げ回っている」

と非難した記者は、石原さんを悪だと決めつけ、非難するだけしか頭になく、まともな思考を持ち合わせていない。

彼らは石原さんが土下座して謝らないと許さない、みたいな態度だった。

見ていて虫唾が走った。

 

石原さんが

「小池都知事が豊洲の安全と安心をごっちゃにしている」

「このまま移転を先延ばしにするのは膨大なコストがかかる」

「築地の人が生殺しになている」

「世界トップの専門家が安全だと言っているのになぜ豊洲に移転しない」

などと言ったことに、コギトは100%同意します。

 

記者らは、「瑕疵担保責任」のことをしつこく訊いていたが、東京ガスが隠していたならともかく、汚染されているのを承知して都が買ったのだから、瑕疵担保責任なんか発生しないじゃないかと素人目には思うが。

 

一方、小池都知事は、自身の政局目的で豊洲移転を夏の都議選までひっぱるつもりみたい。

この罪は非常に重い。

そして彼女の馬脚はすでに現れ始めています。

 

2日の都議会で自民党の川松真一朗議員が築地市場の安全性を小池都知事に問いました。

築地は、かつて米軍の施設があったことから都が「土壌汚染の可能性がある」と指摘していたのです。

この質問に対し、小池都知事は、


コンクリートやアスファルトで覆われており、土壌汚染対策法などの法令上の問題はなく、人の健康に影響を与えることはないと考えている

 

と答えました。

 

・・・はぁ?

開放型の築地市場でも下にコンクリがあるから大丈夫だと?

じゃあ、完全にコンクリートで覆われた豊洲はさらに安全じゃんか。

もう完全に論理が破たんしています。

うすうす、国民もそれに気づき始めるでしょう。

 

それにしても、今日の石原さんの会見に出席した記者たちの、あの横柄な態度には腹が立ちました。世論を背景にした石原叩き。糾弾の様相。

追及するのはいいが、礼儀というものがあろう。

どーせ、この後のニュースでも石原さんが「責任逃れした」と報じるのだろう。石原を悪だと決めつけるのだろう。そして小池が正義だと流すのだろう。

世間のみなさんも、それに同意してしまうのだろうか。

コギトは、たとえ少数派でも、石原慎太郎の言い分を支持します。

石原さん、ほんとお疲れさまでした。