読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

森友学園問題はメディアの印象付け報道の方が目に余るが・・・

政治
スポンサーリンク

森友学園問題に関して、野党やメディアから、小出しに政権へのダメージになるような情報が次々と出てきている。

ひとつひとつは大したことないが、こういうのも積もれば、痛手になるだろう。

 

森友学園については、「安倍首相がんばれ」や明恵夫人の前で「中国から守ってくれてありがとう」などと言わせていることは、やはりおかしい。

こんなことを園児に言わせるべきではない。

ただし、教育勅語を暗唱させることは教育方針のひとつとしてあっても、なんら問題ないと思う。それは教育勅語の現代訳をみればあきらか。

ふつうの道徳心を述べているにすぎないからだ。

 

森友の理事長が自民党の参議院議員で元防災担当大臣の鴻池氏に、現金を渡そうとしたことに関しては、もちろん、ダメだ。

この時点で森友学園は学校法人として失格だろう。

鴻池氏はそれを拒否し、みずから会見をひらき、潔白を証明しているが、これも短期的には野党に攻撃材料を与えることになる。

しかし誤解を受けないためにはこうするより仕方ない。

 

もうひとつ、文春で、安倍事務所に出入りしている男が、近畿財務局に出向いて、森友学園の用地取得をめぐって話をしていたとの記事がでた。

森友学園 安倍事務所出入りの男性が“口利き”を実名告白 | 文春オンライン

しかし、この記事、内容をよく読んでみると、告白した男はむしろ安倍首相と無関係な人だとわかる。

タイトルが恣意的にゆがめられて書かれているのだ。

こういうやり方をマスコミがすれば、逆にマスコミの偏向報道の方が目立ち、信頼を失うことになるだろう。

 

森友学園と政治家の関与の問題はまだ、印象づけ報道しかない。というより印象報道でしか政権を攻撃できていない。

しかも、その印象報道のなかにはひどい偏向報道もある。

それでも、安倍政権はこの問題の対応を誤れば、大きな痛手になる。

肝心なのは、我々主権者が、この問題で次々と出てくる情報分析を正しく行うことだ。

メディアの印象づけ報道に流されることなく。