Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

花粉症が治った!?根治にはダメだと思われたアレが効いたかも

スポンサーリンク

二十歳過ぎから、ずっと花粉症を患ってきました。

私はシラカバ系の花粉症で、時期的には5月の連休前後に発症し、6月の半ばあたりまで続きます。

それこそ、水のような鼻水とくしゃみ、涙目の状態がずっと続き、夜も眠れず、息も苦しい。その期間はあらゆることに集中できません。

そして花粉症の後にしつこい咳(アトピー性咳嗽)も出ていました。

アトピー性咳嗽については、抗ヒスタミン剤を飲むことで治ったので問題ありませんでしたが。

シラカバ花粉症なので、果物アレルギーもあります。

食べられない果物は、りんご、キュウイ、桃、スモモ、ビワ、などです。

食べると口の中から喉までイガイガして痛くなります。口腔アレルギーだそうです。

また豆乳を飲んでも同じです。

これは時期は関係ないので、おそらく一生食べないでしょう。

花粉症も抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤を飲んでいましたが、決定的に治ったとは言えず、毎年春先は憂鬱になります。

またこの季節が来たか、という具合でした。

 

・・・ところが、です。

意外なことに、この花粉症が治ったかもしれないのです。

きっかっけは、3年前に発症した顔面神経麻痺でした。

顔面神経麻痺/ベル麻痺体験談① 

3年前にこの病気の治療のため、ステロイドの点滴(注射)を2週間続けました。

ちょうど4月のことです。

すると、その年は花粉症をまったく発症しませんでした。

まあ、これは当たり前です。

ステロイドの注射が花粉症に劇的に効果があるのはご存じの通り。一本の注射で1年は持つと言われているんですからね。

その年、花粉症が発症しないのは当然です。

しかし、ステロイドの効果はすごいです。あれだけ苦しんだ花粉症はどこに行ったんだろう?ぐらいな感じでした。

効果はその年で終わり、翌年はまた花粉症になるだろうと思っていたのですが、意外なことに翌年も花粉症は発症しませんでした。

あれっ?と思いましたね。

ステロイドの注射がそんなに長期間効くわけないし、と思いました。

そしてさらに翌年(去年)も花粉症は発症しませんでした。

世間では今年の花粉は多いとか報道があったのに、自分はまったく無縁だったのです。

2年前のステロイド注射がまだ効いているわけない。

・・・まさか?

花粉症、治ってる?

もし、治っているなら、きっかけは3年前の顔面麻痺の治療でやったステロイド点滴しかありません。

でも、ステロイドは花粉症にはよくないという話もある。副作用が危険とか。

花粉症を根治させるのにステロイド注射は禁忌だというのが定説だと思っていたが。

どうなんでしょうか?

私は花粉症が治ったのでしょうか。

今年は現時点(2月18日)の時点でまだ花粉症の症状はゼロです。

私の花粉症のピークは4月の終わりから6月にかけて。

もし、今年も花粉症が発症しなかったら、本当に治ってしまったのかもしれません。

2、3カ月後に、今年どうだったか、ご報告いたします。

⇒ 花粉症にステロイドを打ったその後について