Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

顔面神経麻痺/ベル麻痺体験談① 発病の予兆

スポンサーリンク

今から3年前の4月、末梢性の顔面神経麻痺を患いました。

通称「ベル麻痺」です。

片側の顔面がある日突然動かなくなる病気です。

ピクリとも動きません。口も片側が動きませんので、うまく喋ることも、ごはんを食べることも難しくなります。

瞼も動きませんので、瞬きができなくなります。

それが、突然やってくるのです。

原因はヘルペスウイルスと言われています。

ヘルペスウイルスが顔面神経の根元で増殖し、腫れて神経根を圧迫することにより、麻痺を起こします。

ヘルペスウイルスは多くの人が体内にもっていると言われています。

健康時にはおとなしく神経節に潜んで悪さをしないのですが、ストレスや免疫力が落ちると暴れ出すとのこと。

これは誰にでも起こる可能性があるらしいです。

有名人だとMrマリックさん、TKOの木下さん、落合博満さん、などがいます。

とはいえ、自分がなるとは思いませんでしたけど。

年間1万人に1人か2人、かかると言われています。

季節としては寒い時期に、突然発症します。突発性です。

私は3年前の3月31日でした。

予兆のようなものはあるか?

実はありました。

 

その年の3月30日は寒の戻りで、前日まで暖かかったのが、嘘のように冷え込みました。

にもかかわらず、私は比較的薄着でランニングに向かいました。

実はその頃、少しダイエットをしようと食事を減らし、運動に励んでいたのです。

今考えれば、食事を減らしたことで免疫力が落ちていたのですね。季節の変わり目というのもイケなかったのかもしれません。

すべて結果論ですが・・・

夕方ジョギングをして、7時頃、食事をしました。

その時、左目だけがなぜか涙目になる。

おかしいな、と思いながらも、花粉症かなぐらいにしか思いませんでした。

時期的にもそろそろ、花粉症の季節ですし。

あまり気にせずにその日は寝ました。

翌日は日曜日です。

家でゴロゴロしていましたが、なぜか左目だけおかしい。

涙が滲んで視界がぼやける。

目の異常です。

原因はわからないけど、良くならなかったら、明日眼科にでも行こうかと思っていました。

実は、その時、左目の瞬きが出来ていなかったのです。

つまり左目が乾燥し、それを防ぐために涙が出ていたのです。

それに気づきませんでした。

もし、それに気づき、すぐに病院に行っていれば、ごく初期の顔面神経麻痺で、簡単に治ったかもしれません。

顔面神経麻痺は、早い段階で治療を始めることが、完全回復の絶対条件です。

顔面麻痺はその予兆のような症状が起こる場合があります。ある人は味覚異常が起きたり、ある人は耳の後ろの痛みだったり。

私の場合は瞼の動きでした。

しかし、そんなことはすべて後の祭りですね。

その日もそのまま眠ってしまったのでした。

→ 顔面麻痺体験談②はこちら