読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

不眠を治す方法~睡眠サプリや市販の睡眠薬を試した結果

スポンサーリンク

わたくし、コギトは10年ほど前からけっこうな不眠に悩んでいます。

具体的には入眠障害と浅い眠り。

ベッドに入っている時間は6時間ですが、実際眠れているのはその半分の3時間ほどです。

不眠になった当初は昼間に猛烈な睡魔が来ましたが(とくにランチの後)、現在では3時間の眠りでも眠気が来なくなりました。

たぶん、その睡眠パターンでも脳がやっていけるように対応したのだと思います。

しかし、それでもしっかり眠りたい欲求は強いです。

で、よく眠れるようになる方法を色々と探ってみました。

 

お風呂はぬるま湯に入るとか、眠る前にホットミルクを飲むとか、眠る前は間接照明で過ごすとか、昼間に光をしっかり浴びるとか、まあ、そんなことです。

・・・結論から言うと、どれも大した効果はありませんでした。

 

そこで、次に試したのが、睡眠サプリと市販の睡眠導入剤です。

睡眠サプリでまず試したのが、味の素の「グリナ」

これはとりあえずお試しセットを注文してみました。

6日分です。

寝る前に飲みましたが、私には効果ありませんでした。

グリナはグリシンという成分でアミノ酸の一種です。グリシンはふつうの入眠障害の場合にはまったく効きません。眠った後の眠りの質をよくすることはあるそうです。

つまり眠れるけど浅い眠りの方向きのようでした。

グリシンはアミノ酸の一種なので、睡眠薬みたいにはっきりとした効果は期待できません。

 

次に試したのがメラトニンです。

メラトニンはズバリ、睡眠ホルモンです。脳内でメラトニンが増えれば、確実に眠りがやってきます。

そこで、サプリを試しました。

海外発送のサプリメントです。

Amazonで買いましたが、現在では売られていません。

調べてみたら、オオサカ堂さんで売られていました。

(ナトロール)メラトニンタイムリリース通販 | 睡眠導入・不眠解消 | オオサカ堂

 

で、飲んでみたのですが、これも私には効きませんでした。

なぜか?

私なりに考察してみました。

メラトニンは確かに睡眠ホルモンに違いないのですが、だからといって錠剤のメラトニンを飲んだところで、脳内のメラトニンは増えないのではないかということです。

メラトニンサプリを飲めば胃で消化されて終わりではないか。

実は以前に心療内科の先生から、メラトニンよりもセロトニンを飲んだ方がいいかもしれないという話を聞きました。

セロトニンを増やすことでメラトニンも増えるのだそうです。ただし、かなり長期的にセロトニンを投与する必要があるとのことでした。

あと、睡眠に関するサプリではトリプトファンがありますが、これは試していません。

トリプトファンも、グリシンと似ているかもしれません。

いずれにせよ、飲んだからと言って、劇的な効果は期待できないように思います。

 

私のような不眠の場合、結局サプリで、どうこうなるものでもないようでした。

それで、市販薬の睡眠薬を買いました。

買ったのはドリエルです。ドリエルは催眠鎮静剤と書かれています。

ドリエルは効きました。

飲んではっきりとした、確実な効果がありました。

飲んで2時間ほどでの眠気が襲ってきます。

副作用としては喉の渇きがあります。

そして、これも副作用の一種かもしれませんが、ドリエルを飲むと翌朝の昼頃までなんとなく倦怠感が残るというか、少し眠い感じが残ります。

ドリエルの主成分を見ると、ジフェンヒドラミン塩酸塩とあります。

これはいわゆる抗ヒスタミン剤です。

つまり、アレルギーの薬。

よくアレルギーの薬を飲むと副作用で眠くなりますよね。

そのアレルギーの薬の副作用を睡眠薬として逆手にとったもののようです。

私はどうしてもぐっすり眠りたい時はドリエルを飲むようにしています。