Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

Amazonで買ったら業者から速攻でレビュー催促のメールが来た件について

スポンサーリンク

今年に入ってから、時折首が痛むようになりました。

原因を色々考えた結果、どうやら枕が合わないのではないかと考え、Amazonで枕を探しました。

高反発枕で首に負担が少ないような枕。

3日前に届きました。

f:id:kogito1:20170205203114j:plain

(※この枕とは違います)

商品を見たところ、値段の割に少し安っぽい。

匂いも気になりました。

さらに実際、使ってみたところ、使い心地が非常に悪かった。

あまりにも固すぎて、首が休まらない。

まともに眠れませんでした。

こういうものは本当に使って見なければわかりませんね。

失敗でした。

しかし、仕方ありません。開封してしまった以上返品もできませんし。

商品を見ないで買うのだから、こういうこともあります。

で、買ったばかりの商品をそのまま押し入れに入れました。

・・・・ところが、昨日、その枕を販売していた業者から以下のようなメールが来ました。

f:id:kogito1:20170205163027j:plain


Amazonのレビューを催促するメールです。(最初のフィードバック云々はよくわからない。そんなことした覚えない)   
  

これには困りました。

当然、業者は良いレビューを期待しています。

私はこの商品に高評価を下せません。

素直に書けば「★ひとつ」です。 

実はこの枕、Amazonでのレビューはまだ1人。

その方は★5つの高評価をしています。

もし私が★1つを下せば、この商品の評価は一気に下がります。

業者にとっては、私がレビューしない方がいいだろうと思い、レビューは書いていません。

昔はAmazonからのレビューの催促は商品を買ってから2週間後にたまに来ていたと思います。最近はありませんでした。

今回は業者から直接、商品到着して翌々日にレビューの催促。

どうやら、この業者はまだ新規参入したばかりでなので、実績(よい評価)がすぐにでも欲しいようでした。

しかし、満足していない商品に嘘のレビューを書くことはできません。

したがって書くつもりはありません。

さらに、しつこくレビューを催促するようなら正直に書かせてもらいますが・・・

ひとつ業者さんに言っておきたいことがあります。

レビューなどを催促することは逆効果です。

よい商品を売っていれば、自然とよい評価は入ります。

レビューを催促されると、商品に不満のある人は、イラッとして低評価をつけるでしょう。結局「寝た子を起こす」ことになりますから。

 

【追記】

よくよく考えたら、商品到着した途端にレビューをよこせなんてメールは非常識だね。しかもこの商品を家族や友人にも紹介しろと。

出品者の情報を見たら、香港の業者だった。

大陸系か。納得。

日本のまともな業者がこんなメールすぐよこすわけない。

トラブルの匂いがするので、関わらない方がいいかもしれない。