読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

反トランプ運動、実は米のプロ市民だった!!月1500ドルで活動している

スポンサーリンク

これから就任式を迎えるトランプ大統領。そのトランプ大統領に関する話題のひとつに

「トランプ氏就任前好感度歴代最低」

というのがありました。

これに関し、トランプ氏は、こんなものはフェイクニュース(偽りのニュース)だ、と声を荒げたと言います。

同じことを、本日、国際アナリストの藤井厳喜氏が述べていました。

とても参考になる話だったので要約します。

 


トランプ氏の就任前好感度が歴代最低だなんて話はそのものがフェイクニュース。
だって考えてごらんなさい。
大統領選挙前のワシントンポストが出した数字、全部間違えだったじゃないか。
CNNを筆頭にニューヨークタイムズ紙もそう。
あれが正しかったら、トランプは惨敗、ヒラリーは圧勝していたわけで。
その同じことをやってんだよ、終わったのに。
世論調査もどこが出してるかが肝心なんです。

とリベラルメディアの世論調査は信用してはいけないと強調し、さらにこんなことも藤井氏は言っていた。

 


実はまだ大統領選挙は終わっていない。
トランプ打倒の勢力は諦めてない。
反トランプ陣営、リベラル勢力、とくにヒラリーに巨額の資金を出したウォールストリートの輩は、トランプを引きずり下ろすことを諦めてない。
トランプ就任式を台無しにしてやろうという計画をしている。
大々的な行動をやろうとしている。

ワシントンタイムズ紙という保守系の新聞が面白い記事を書いていた。
それはアンチトランプの運動をしている人たちに月1500ドルの手当が出ている。一つのデモに出ると50ドル支払われるという内容の記事。
それは本当だろうと。

 

クリントン財団へ寄付をしていたのは巨万の富を持つウォールストリートの人達です。

ヒラリーの敗戦で財団への寄付はなくなりましたが、今度は「反トランプ運動」へお金を出していると考えられます。

 

月1500ドル(17万円)貰って政治活動をしているプロ市民達が、アメリカにもいるということがはっきりわかりました。

しかしアメリカのリベラル運動家の方が資金は豊富だし、ハリウッド俳優や大手メディアを味方につけ、かなり手ごわい感じですね。

これから行われる大統領就任式も大がかりなデモが行われるでしょう。

しかし、彼らの多くはウォールストリートからの援助をもらったプロ市民の可能性もあるということです。