読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

アパホテルに「南京大虐殺否定本」、中国ネットが炎上でも撤去しない

政治
スポンサーリンク

ちょっとゴージャスなビジネスホテルとして国内で人気の高いアパホテル。

その女社長さんはテレビによく出演するカリスマ経営者の元谷芙美子さんですね。

f:id:kogito1:20170118133516j:plain

画像:元谷芙美子 | 生×カラ!TV 

ホテルは現在400以上、客室は7万室弱あり、ビジネスホテル業界で1人勝ちとなっています。

そのアパホテルの客室に据え置きされている本が物議を醸しているそうだ。

どんな本が置いてあるかと言えば、「南京大虐殺を否定する本」だそう。

ビジネスホテルになんでそんな本が?と思いましたが、実はこの本を書いたのはアパグループ代表の元谷外志雄(もとや・としお)氏。

女社長、元谷芙美子さんの夫です。

執筆した本は『理論近現代史学』というシリーズ本。

文中には「南京虐殺事件が中国側のでっちあげであり、存在しなかったことは明らか」といった主張が綴られています。

これに敏感に反応したのが中国ネット。

「日本に旅行に入った際には、アパホテルだけは使わない」
「今後、アパホテルは使わない。友人にも知らせる」
「中国に進出しないことを祈る」

というもの。

批判的な書き込みが圧倒的で炎上しているそうです。

それに対し、元谷外志雄さんは 


「国によって歴史認識や歴史教育が異なることは認識していますが、本書籍は特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたものです」

と説明。また、 


「異なる立場の方から批判されたことを以って、本書籍を客室から撤去することは考えておりません。日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならないと考えます」

【出典アパホテル、南京大虐殺否定本「客室から撤去しない」 中国からの批判殺到に「一方的な圧力」 (J-CASTニュース)より】

 

として本を撤去する考えはないと断言しました。

商売となると、中国に媚びたりする経営者がほとんどの中、なかなか気骨のあることをしますねえ。

まあ、アパホテルが中国に進出することはないだろうし、客筋は国内のビジネスマンが主体なんだろうけど、それでも、アパホテルにクレームをつける左翼連中はいるだろうし、ビジネスとしてさほどメリットはない政治的な主張を誇示することは意味はないのではないか、という意見もあるようです。

ただ私は拍手を送りたいですね。

実業家なんだから、自分が思ったことを好きにやればいいと思います。

参照記事:アパホテル、南京大虐殺否定本「客室から撤去しない」 中国からの批判殺到に「一方的な圧力」 (J-CASTニュース)