Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

井伊直虎とは?簡単に説明&「おんな城主 直虎」初回放送の感想

スポンサーリンク

f:id:kogito1:20170108161213j:plain

【以下は初回放送を見る直前に書きました】

今日から2017年NHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』が始まりますね。

実はこのドラマ原作がありません。

脚本は森下圭子さんですが、ほとんど一からストーリーを考えて作られることになるだろうと思います。

なにせ、この井伊直虎という人物について詳しいことがわかってないのですから。

脚本家が想像力を膨らませて話を作ることになります。

それでも、ある程度わかっている直虎像を、超わかりやすく説明してみます。

 

直虎が生まれたのは1536年(天文5年)です。

場所は遠江。今の静岡県浜松市です。

父親は井伊直盛。井伊谷城主。

直虎の幼名はわかっていません。大河ドラマではどう呼ぶのでしょうか?これも気になります。まあ、ここでは仮に『トラ子』とでも呼んでおきましょう(笑)

 

直盛には男の子供がいません。

したがって跡取りをとるためにトラ子に婿養子を迎えます。

相手は井伊直親です。父親のいとこにあたります。

ところが、婿養子に迎えるはずだった直親の父親が今川義元への謀反の疑いをかけられ自害してしまいます。

直親も信濃に逃げてしまいます。

トラ子、結婚できず。

そして出家します。出家して「次郎法師」と名乗ります。

 

トラ子と結婚するはずだった直親は信濃で出会った女性を正室に迎え、井伊家の領土に戻ってきます。

 

一方、井伊家では父親の直盛が桶狭間の戦いで死去。

後を継いだ、直親は今川氏真に殺されてしまいます。

その後も井伊家では様々な不運に見舞われ、結局、家督を継ぐものがいなくなります。

 

トラ子は、そういう訳で、次郎法師から還俗(げんぞく『僧が俗人にかえること』)して、直虎と名乗り、井伊家の城主となるのです。

 

ざっと、こんな感じですが、大河ドラマではどういうストーリーになるのでしょうか。主演の柴咲コウさんは好きな女優でもあるので期待したいところです。

 

【追記1/8初回放送を見ての感想】

えっと色々、ぶっとんだ内容でした(笑)

まず、オープニング。

大河らしくないw 朝の連ドラかと思った。

幼名は「トラ子」じゃなく、「とわ」でした。

直親役の宇梶さん、初回で終了とは・・・あぁ、好きな俳優なのに。

さらに、今後の展開がチョロッと見えたけど、亀はどうやら、信濃で嫁を迎えず、井伊谷に戻ってくるみたい。

で亀と「とわ」の純愛?

それとも鶴を交えての三角関係?

まあ、史実が不明な点を利用して、大胆な脚本を書いたみたいだね。

それはそれで楽しみです。