読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

安倍首相は最高の策士か?慰安婦問題の対抗措置で韓国は詰んだ

政治
スポンサーリンク

意図した結果なのか、それとも偶然なのか。

碁で言えば、序盤に最良の布石を打っていた、そんな感じだ。

 

2015年12月、電撃的な日韓慰安婦合意は、日本国内で評価が割れた。

とくに保守陣営からは、批判も多かった。

『慰安婦は性奴隷だった、といった韓国の主張を日本政府が公式に追認したと理解されても仕方ない。海外の報道機関でもそのように報道されている』

 

さらに、韓国が設立する元慰安婦を支援するための財団に10億円拠出することを約束し、実際に支払われた時も日本国内で反発があった。

『ソウル大使館前の少女像が撤去されてから支払うべきだ』

『金だけ払って、騙されるのがおち』

 

私自身も少女像も撤去されないのに10億払うのはおかしいと思っていた。なぜ日本だけ真面目に日韓合意を履行するのか。

韓国は金だけ貰って何もしないだろうと。

現実にそうなったわけだ。

さらに朴政権は死に体になり、この日韓合意そのものの存在も危うくなった。

評論家の呉善花は、『日韓合意の賞味期限は半年間だ』と述べ、『1965年の日韓基本条約すら守らない韓国が、今回の合意を守るわけがない』と危惧した。

現に韓国は日韓合意を履行しようとする気配はなく、それどころか、安倍首相に謝罪の手紙を要求するという厚かましい態度も見せた。

 

そして、去年末の釜山の総領事前に新たに少女像を設置したことによって日韓合意は完全に失敗したかに見えた。

 

ところが、である。

安倍首相が、昨日打った、対抗措置を見たら、詰んだのは韓国側だったと気付かされた。

日本は日韓合意の義務を粛々とすべて果たし、韓国が、日韓合意を守る様子がないどころか、それに反する愚行に出たところで、一転して強硬路線をとったのである。

韓国側は今まで大人しかった日本の態度が豹変したことに腰を抜かしたに違いない。日本を甘く見ていたのだ。

しかも安倍首相は、この対抗措置をとる前に、アメリカ副大統領バイデン氏に事前に了承をとっていたという念の入れよう。

すべては、この日のための布石だったのだろうか。

そこまで見越しての戦略か。

そんな風にも思えるほどのインパクトがある。

韓国は少女像の撤去をしなければ、日韓スワップはなくなるので経済破綻の危機が強まる。また政府間の合意を勝手に反故にする国家として全世界から信頼を失う。

少女像を撤去すれば、韓国政府は世論の猛反発をくらう。今の韓国の状況を見ていると、すさまじい反発だろう。これは次期政権でも同じだ。

つまり韓国政府は今、詰んだ状況にいる。

この後、この問題がどう展開するかは不明だが、安倍首相は相当の策士かもしれない。